ピクシブ百科事典

劇症肝炎

げきしょうかんえん

急性肝炎のうち、高度の肝不全や意識障害(肝性脳症、肝性昏睡)を伴う、特に重症のもののこと。
目次[非表示]

急性肝炎のうち、高度の肝不全や意識障害(肝性脳症肝性昏睡)を伴う、特に重症のもののこと。
特定疾患にも指定されている難病である。

概要

肝臓は、身体に必要な物質合成し、薬物や身体に有害となる物質を解毒排泄するなど、生命活動にとって重要な役割を担っている。肝臓の中で、これらの働きを担う細胞肝細胞)が急激にかつ大量に壊れることによって、その機能が低下する病気が劇症肝炎である。
肝臓の機能が低下すると、血液凝固させるために必要なタンパク質(凝固因子)の産生が失われ、また、身体に有害な物質が蓄積して意識障害(肝性脳症)が出現する。もともと健康な人に全身のだるさ倦怠感)、吐き気、食欲不振など急性肝炎と同じ症状が現れてから8週間以内に肝性脳症が見られ、血液中の凝固因子が著しく低下した場合に劇症肝炎と診断される。
肝細胞は増殖する能力に富んでいるために、急性肝炎の大部分は、肝細胞が壊されても自然に元の状態に戻る(肝再生)。しかし、劇症肝炎ではこの破壊が広くおよぶために、肝細胞の増殖が障害されて、適切な治療を行わないと高い確率で死亡する。

原因

A型肝炎B型肝炎E型肝炎などのウイルス肝炎アルコールによる肝障害、薬物による肝障害などが原因となり得るが、日本では特にB型肝炎による劇症肝炎が多い。

症状

最初の症状としては、発熱筋肉痛などの風邪のような症状、全身のだるさや食欲不振などが多くみられる。次いで、尿が濃褐色になったり、皮膚が黄色くなったりする(黄疸)。最初の症状が軽度で、黄疸がでて初めて病気に気づく場合もある。
通常の急性肝炎では黄疸がでてからは全身のだるさなどの症状が軽くなるが、劇症肝炎に進む場合は、これらの症状が持続するかまたは逆に強くなり、やがて肝性脳症が現れる。
肝性脳症の程度は様々である。睡眠リズム逆転服装姿勢が乱れていても無関心でいたり、さらには、TPOなどを間違えたり、興奮して暴れたりするようにもなる。重症になると、眠ったままで呼びかけや痛み刺激に反応しない状態(肝性昏睡)に陥る。
劇症肝炎では、多臓器不全播種性血管内凝固症候群DIC)、消化管出血腎不全尿毒症)など、様々な重大な合併症が起こることが多い。

治療

検尿血液検査などで劇症肝炎と診断されたら、すぐに入院させられる。
による治療が中心だが、場合によっては輸血や人工透析が必要になる。

関連タグ

肝臓 肝炎 肝不全 肝硬変 A型肝炎 B型肝炎 E型肝炎
多臓器不全 播種性血管内凝固症候群 DIC 消化管出血

コメント