ピクシブ百科事典

消化管出血

しょうかかんしゅっけつ

胃や腸などの消化器から出血している状態。出血量が多いと死亡する危険もある。
目次[非表示]

概要

食道小腸大腸などの消化器から出血している、危険状態のこと。

原因となる主な病気

消化器自体に問題がある場合と、血液を固める役割を持つ血小板に問題がある場合に分けられる。
また、肝臓膵臓腎臓の病気が原因となる場合や、重症の感染症中毒が原因となることもある。

消化器自体に問題があるもの


肝臓膵臓腎臓の病気


血小板に問題がある場合


感染症


中毒


症状

吐血血便がみられる。

吐血は主に食道からの出血で見られる。
食道から出血した場合は赤い鮮血を吐くが、胃から出血した場合はどす黒く変色した血液を吐く。
なお、などの呼吸器から出血した血液とともに排出する場合は喀血と呼び、吐血とは区別される。

血便は主にからの出血でみられる。
大腸から出血した場合は真っ赤な血便が出るが、小腸から出血した場合は血液が腸内細菌によって酸化されて変色するため、真っ黒い便が出る。
なお、血便といった場合、通常は赤い便を指し、黒い便が出る場合は下血メレナタール便などと言って区別することが多い。

出血量が多いとショックを起こして死亡することもあるので、吐血や血便・下血などの症状がみられた場合、救急車を呼ぶなど、一刻も早く患者病院に連れていくことが大切である。

関連タグ

病気 多臓器不全 ショック 出血 吐血 血便
消化器 食道  小腸 大腸

コメント