ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

肝不全

かんふぜん

肝臓がうまく働かなくなった状態のこと。肝臓は代謝機能を司っているため、肝不全になると全身に様々な異常があらわれる。
目次 [非表示]

概要

肝臓は体内で最大の代謝器官として、栄養アンモニア異物などの代謝解毒排泄など、様々な役割を担っている。

この肝臓の機能が破綻した状態を肝不全という。

肝臓が働かなくなると、昏睡黄疸腹水・全身の出血鼻血吐血血便など)など、全身に様々な症状があらわれ、ひどい場合は腎不全尿毒症)や呼吸不全などを起こし、死亡することもある。

重症肝炎肝硬変肝臓癌などが進行するとあらわれる。


関連タグ

肝臓 肝臓病 肝炎 B型肝炎 C型肝炎 E型肝炎

劇症肝炎 肝硬変 肝臓ガン/肝臓がん/肝臓癌

心不全 腎不全


外部リンク

肝不全 - Wikipedia

関連記事

親記事

肝硬変 かんこうへん

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました