ピクシブ百科事典

大腸炎

だいちょうえん

大腸に炎症を起こし、腹痛や下痢を起こす病気の総称。
目次[非表示]

概要

大腸に炎症を起こし、腹痛下痢などの症状が現れる病気の総称。
原因によっては血便発熱を伴うこともある。
以下のような原因がある。

潰瘍性大腸炎

長い年月にわたって腹痛下痢血便に悩まされる病気。いったん治ったように見せかけてから再発することが多い。若槻千夏安倍晋三の持病として有名。
特定疾患に指定されている原因不明の難病だが、ストレス欧米化した食事乳製品類の食べ過ぎなど)が関与しているのではないかと言われている。

虚血性大腸炎

大腸に血液が流れにくくなることで起こる。強い腹痛が特徴。高齢者便秘がちの女性に多い。

細菌性大腸炎

サルモネラ菌カンピロバクター腸管出血性大腸菌O157赤痢菌などの細菌大腸に感染することで起こる。ほとんどは食中毒として発症する。
腹痛・下痢の症状が比較的強く、発熱を伴うことも多い。

出血性大腸炎

細菌性大腸炎の中でも特に、O157赤痢菌など、ベロ毒素志賀毒素)という猛毒を産生する種類が大腸に感染することで起こる。
腸から出血するため、激しい腹痛や真っ赤な血便がみられる。また、ベロ毒素が全身に回って腎臓などを破壊し、溶血性尿毒症症候群という怖い合併症を起こすことがある。

偽膜性大腸炎

免疫力の低下によってディフィシル菌が異常に増殖することで起こる。高齢者に多い。

関連タグ

大腸 胃腸炎

コメント