ピクシブ百科事典

偽膜性大腸炎

ぎまくせいだいちょうえん

ディフィシル菌という細菌が異常増殖することで起こる、大腸の病気。抗生物質の服用などで他の細菌(大腸菌、ビフィズス菌、乳酸菌など)が死滅した時に起こりやすい。
目次[非表示]

概要、原因

一部のヒトが元々大腸に持っているディフィシル菌という細菌が異常増殖することによって起こる、大腸病気大腸炎)。
多くの場合、抗生物質細菌を殺す抗菌剤とも言う。)の服用によって他の細菌(大腸菌ビフィズス菌乳酸菌など)が死滅した時に発症する。また、AIDS後天性免疫不全症候群)などで免疫機能が著しく低下している人(日和見感染)、長期入院中の患者、介護施設の高齢者手術を受けた人などに発症しやすいと言われている。

症状

主な症状は腹痛下痢発熱。下痢は血便を伴うこともある。
下痢が激しい場合は脱水症状を起こす。まれに腸に穴が開くことがある。重症の場合は死亡することもある

治療方法

原因となった抗生物質の使用をただちに中止する。同時に、ディフィシル菌に対して有効な薬(バンコマイシンなど)を服用する。

関連記事

親記事

大腸炎 だいちょうえん

コメント