ピクシブ百科事典

ディフィシル菌

でぃふぃしるきん

細菌の一種。正式名称は「クロストリジウム・ディフィシル」。偽膜性大腸炎の病原体。

概要

細菌の一種。正式名称はクロストリジウム・ディフィシル
一部のヒトが元々大腸に持っている細菌。多くの抗生物質細菌を殺す薬。抗菌剤とも。)が効かない細菌だが、通常は他の細菌(大腸菌乳酸菌ビフィズス菌など)とのバランス関係で腸内で増えることはなく、あまり問題にならない。
しかし抗生物質の服用によって他の細菌が死滅することで腸内細菌のバランスが崩れ、その結果、ディフィシル菌が異常増殖して毒素を出すようになり、偽膜性大腸炎という病気を起こす。偽膜性大腸炎の主な症状は腹痛下痢血便を伴うこともある)、発熱治療方法は「原因となった抗生物質の服用の中止」「バンコマイシンなど、ディフィシル菌に対して有効な薬の服用」など。

関連タグ

関連記事

親記事

細菌 さいきん

兄弟記事

コメント