ピクシブ百科事典

目次[非表示]

アメーバ赤痢(あめえばせきり)は、赤痢アメーバという原虫寄生虫が引き起こす、経口感染症または性行為感染症
かつては赤痢として細菌性赤痢と混同されていたが、志賀潔博士赤痢菌を発見して以来、菌によるものは細菌性赤痢、アメーバによるものはアメーバ赤痢として区別するようになった。

感染経路

アメーバに汚染された食べ物を食べることによってから感染する。また、感染者の肛門を舐めて感染する例もある。

症状

感染しても多くの人は症状が出ない。
一部の人に腹痛下痢などの症状があらわれる。「耐え難い激しい腹痛」や「血便を伴う激しい下痢」となることもある。
稀に肝臓に重い合併症を起こすことがある。

治療

アメーバに対する治療薬を使う。症状がひどい場合は入院して点滴を受ける。

予防方法

  • 海外、特に発展途上国では食べ物に注意する。
  • 不特定多数との性交渉を避ける。

コメント