2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

病原性を持つアメーバの仲間・赤痢アメーバが引き起こす、経口感染症または性行為感染症
 
かつては赤痢として細菌性赤痢と混同されていたが、志賀潔赤痢菌を発見して以来、菌によるものは細菌性赤痢、アメーバによるものはアメーバ赤痢として区別するようになった。

感染経路

アメーバに汚染された食べ物を食べることによってから感染する。また、感染者の肛門を舐めて感染する例もある。

感染力は赤痢菌ほど強くは無い。

症状

感染しても多くは症状が出ないが、腹痛下痢などの症状があらわれる。「耐え難い激しい腹痛」や「血便を伴う激しい下痢」となることもある。
稀に肝臓に重い合併症を起こすことがある。
 
だが死に至る割合は非常に低く、1%にも満たない(死にはしなくても相当な苦しみではあるが)。
 

治療

微生物が原因なので、抗生物質(抗菌薬)による治療が基本。症状がひどい場合は入院して点滴を受ける。

感染症法では五類感染症になっている。そのため、症状が無ければ就業制限は無い。
(ちなみに細菌性赤痢は三類感染症なので就業制限がある。)

予防方法

  • 海外、特に発展途上国では食べ物に注意する。
  • 不特定多数との性交渉を避ける。

関連記事

親記事

性行為感染症 せいこういかんせんしょう

兄弟記事

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました