ピクシブ百科事典

デング出血熱

でんぐしゅっけつねつ

デングウイルスに感染した時に稀に発症する、重症型のデング熱。デングショック症候群とも呼ばれる。
目次[非表示]

概要

デングウイルスに感染した時に稀に発症する、重症型のデング熱デングショック症候群とも呼ばれる。
デングウイルスには4種類あり、同じ型のウイルスに再度感染しても免疫によって軽症で済むが、2回目に違う型のウイルスに感染すると免疫が過剰に働き、デング出血熱に進展しやすいと言われている。

症状、治療方法

高熱頭痛筋肉痛発疹といった通常のデング熱の症状の後、鼻血吐血血便などの出血症状や播種性血管内凝固症候群DIC)を起こす。治療が遅れると死亡することもある。
デングウイルスをやっつけるは存在しないため、治療は点滴によって脱水症状衰弱を防ぐことくらいしかない。

予防方法

東南アジアアフリカ中南米などの熱帯地域ではに刺されないように心がけること。特に過去にデング熱にかかったことがある人や免疫力の弱い子供高齢者は重症化しやすいので注意しよう。
ちなみにデング出血熱を予防するためのワクチンはまだ開発されていない。

関連タグ

デング熱 出血熱 黄熱病黄熱 

コメント