ピクシブ百科事典

雪影村殺人事件

ゆきかげむらさつじんじけん

うれしい色だったはずが許されない色だったなんてもうだめ死ぬしかない。

あらすじ

5年前、たった2週間だけ滞在した東北の村、雪影村。
だが、その2週間の思い出は、ハジメにとってとても大切なものだった。雪影村の友人たちも、ハジメにとってかけがえのない存在だった。
そんな雪影村から、ハジメのもとに連絡が入る。仲のよかった葉多野春菜が自殺したー。
ハジメは葬儀に出席するために、5年ぶりにこの村を訪れたのだ。

関連タグ

金田一少年の事件簿 東北地方 

pixivに投稿された作品 pixivで「雪影村殺人事件」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 92

コメント