ピクシブ百科事典

首狩り将軍

くびかりしょうぐん

『ルパン三世DEAD_OR_ALIVE』の登場人物。
目次[非表示]

人物

本作の舞台である「ズフ国」の統治者である独裁者。
「首狩り将軍」は通称であり、本名は不明。通称が示すとおり、歯向かうものの首を容赦なく切り落とす冷酷無比な性格。
実は彼の正体は…

作中での活躍

元々はズフ国王の側近だったのだが、2年前にクーデターを起こし国王と一人息子の王子パニシュを殺害し、独裁者となった。
しかし、演説をテレビで流していた最中に殺したはずのパニシュが現れ、クライシスに「必ず奴を生かしておけ」と命令する。
漂流島にやって来るも、鍵がないために財宝の扉を開ける事が出来ず、オーリエンダーを殺そうとするが、パニシュがオーリエンダーのペンダントをくぼみにはめたことで、ナノマシンの制御システムがある部屋に進入成功。
かつて国王はナノマシンを平和目的に利用しようとしていたが、将軍は軍事目的で利用したいがために国王とパニシュを殺害。しかし、コンピューターを調べたところ、扉の中に入るにはパニシュが必要だと知って後悔したため、今まで入れずにいたのだ。
ナノマシンを手に入れたため、用済みとなったパニシュを殺すようにクライシスに命令するが、実はパニシュの正体はルパンであり、パニシュが消えたことを感知したナノマシンが襲い掛かってきたため、ルパン一味と闘う事となる。
コレクションのナイフや体から出るナイフを用いてルパンと闘うが、最後は眉間を銃弾で打ち抜かれて敗北した。














ネタバレ

じつは彼自身も、国王に作られたナノマシンである。
倒された後も執念でルパンたちのアジトに乗り込み、ルパンを殺害しようとしたが、ルパンと次元・不二子の一斉射撃を受け、このとき破損したナノマシン制御装置で動きが鈍くなったところを五ェ門の斬鉄剣で真っ二つにされ、ナノマシンの素材である金に戻り、機能停止した。
なお、自身がナノマシンであることは、最期まで知らないままだった。

関連タグ


ルパン三世長編シリーズ 独裁者

pixivに投稿された作品 pixivで「首狩り将軍」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 90

コメント