ピクシブ百科事典

エレン(ルパン三世)

えれん

アニメ『ルパン三世』のTVスペシャルシリーズ作品『ワルサーP38』に登場するヒロイン。暗殺組織に育てられつつ、本当の自由を夢見る女性である。
目次[非表示]

「あの時、少しだけだったけど、自由になれた気がした。有り難う、ルパン・・・・・・」

概要

CV:篠原恵美
 TVスペシャルシリーズ作品『ワルサーP38(ルパン三世)』に登場する本作のヒロイン。容貌は、緑色のロングヘアを背中辺りで一纏めにし、瞳の色はスカイブルー。暗殺の仕事のときは黒っぽいスーツを着用しているが、それ以外のときは黒のアンダーウェアとズボンを着用している。胸元にはオルゴールがなるペンダントを下げている。
 暗殺組織タランチュラの暗殺者であり、綺麗な容姿とは裏腹に高い身体能力及び暗殺術を有する。幼い頃に父親によってタランチュラに売り飛ばされてしまい、暗殺術を叩き込まれていったという不遇の過去を持つ。同時に組織特有の毒ガスを吸い続けなければ死亡してしまう身体に改造されてしまった。
 好きで殺しをしているのではなく、本来は自由な暮らしを夢見ている。ルパンに対しては信頼感は無かったものの、タランチュラの島を脱出するために行動を共にしていく内に、信頼感を得て行った。しかし、あと一歩という所で凶弾に倒れてしまうという、悲しき最期を迎える事となった。

性格

 暗殺者として育てられた影響か、或いは父親に捨てられた影響か、そっけない態度を取ることもある(ルパンなどは躊躇な例)が、親しい仲間との団結力は固い模様。ただし、ルパンと行動するうちに打ち解けあって以降は、自然と接するようになっていく。この影響か、無抵抗な人間に対してはそれ以上の危害を加えないように配慮する(が、これが裏目に出てしまう)。
 また暗殺術は心得ているようだが、実際は殺していない模様。殆どは気絶させる程度で済まされており、彼女の心の隅にある良心がそうさせていると思われる。彼女自身も「殺したくて殺している訳じゃない」と言う辺り、本心はこの職業から逃れたい一心なのが垣間見える。

家族関係

 幼いころは父親と弟と暮らしていたものの、飲酒ばかりする父親によって売られてしまった。そのため、タランチュラへ入って以降、肉親は弟のアレックスのみであった。が、そのアレックスさえも、島脱出のために無理をして亡くなってしまう(ただし、裏の事情は異なる)。

身体能力

 彼女の最大の武器は、その身体能力そのものである。武器は一切使わず、素早い身のこなしで動き回って相手を翻弄し、鋭い拳や蹴り等の武術で相手を沈黙させる事が殆どである。戦闘機ハリアーを操縦する事も出来る。

経歴

 初登場したのは、某国副大統領誕生祭のパーティー会場での襲撃時。得意の身体能力をもって、護衛の人間を気絶させている。この時はルパンと視線があったくらいであった。その後、タランチュラの本拠地に侵入してきたルパンを排除しようと、攻撃を仕掛けたものの、軽い身のこなしでかわされてしまい、取り逃がしてしまう。
 その後、成り行きでルパンがタランチュラに仲間入りをして以降、彼の案内役を務めることとなった。途中でルパンと殺し合いをしたがる暗殺監部のジャックらとトラブルになるが、その隙を利用してルパンを踵落としで気絶させるという大胆な行動に出た。
 気絶したルパンを病室に運び、そこで目を覚ましたところで、彼女らで密かに進行中である脱出計画を明かすこととなった。そして脱出計画を完全に成すためには、島を監視する攻撃衛星を破壊する必要があり、これを排除しなければ絶対に抜けられない。
 そこでボスのゴルドーから暗殺依頼を受け、ルパンとチームを組むように命令される。暗殺実行日に出発するが、その際に「私が捕まったら、私を殺して」とルパンに対して一方的な約束を押し付けた。その後、戦闘機ハリアーが格納されている場所まで行き、ドクター(ルパン三世)から貰った解毒剤で通常呼吸が可能となったのを確認。
 そのまま暗殺に向かうと見せかけ、衛星管理システムへと侵入した。二手に分かれ、監視室モニターを破壊中に警備員と遭遇。一撃を浴びせて戦意を損失した相手に、情けを掛けたが、これが仇となってスタンガンを食らってしまう。そんな騒動を嗅ぎ付けて新たな警備員らに包囲され、逃げ出すことも叶わないことを悟った瞬間、ルパンに間一髪のところで助け出された。
 だが衛星を自爆させるプログラムが密かに書き換えられており、自爆が脱出計画実行よりも後に設定されてしまった為、急ぎ島へ戻ることとなった。ハリアーで辛うじて衛星のレーザー攻撃を掻い潜ったものの、既に脱出船はレーザー攻撃で沈没してしまった。
 プログラム変更を密かに行った黒幕が、実は味方だったはずのドクターであると知り、さらにはドクターによって弟のアレックスが殺された事を知ると激怒。殴りかかろうとしたものの、かわされて逆に捕われ、気絶させられてしまう。
 そのまま飛行船に連れ込まれ、逃げ出されるかと思いきや、ルパンが懸命に追撃し飛行船に飛び乗ることに成功。ルパンとドクターが殺し合いをしている最中に目を覚ますと、死闘の最中に落としていったワルサーP38を見つけ、ルパンが飛行船に居る事を知る。
 貨物室で、あわやルパンが殺される直前に飛び出てドクターを撃つも、狙いが外れ逆に銃を弾かれた。その弾かれた銃を拾ったルパンと、ドクターが互いに撃ち合った瞬間、彼女がルパンの前に飛び出して盾となり銃弾を受けてしまった。負傷したドクターが、諦め悪く解毒薬を条件に助かろうとしたが、憎いドクターを葬りたい一心のエレンがルパンのワルサーに手を添え、結果としてドクターを倒すこととなる。
 その後島に戻ろうとするが、ドクターから受けた銃弾の傷が原因で、自由を手にする前に穏やかな笑みを浮かべつつも息を引き取ってしまった。ルパンの手によって、彼女の亡骸は弟の埋葬されている墓の隣に埋葬された。

ヒロインランキング

 過去に販売されたルパン関連の書籍において、ルパンシリーズにおけるヒロインの人気ランキングが記載されていた。その中でトップに躍り出たのが、劇場作品『カリオストロの城』に登場するクラリス・ド・カリオストロ嬢であった。が、その次(第2位)に輝いたのが、なんとエレンであったという。

関連イラスト

ルパン3世『ワルサーP38』のエレン
自由になれた気がした
エレン(ルパン三世ワルサーP38)
エレンとルパン



関連タグ

ルパン三世 ワルサーP38(ルパン三世) 悲劇のヒロイン ヒロイン

pixivに投稿された作品 pixivで「エレン(ルパン三世)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3432

コメント