ピクシブ百科事典

目次[非表示]

あらすじ

ルパン三世の相棒として長年ずっと共に活躍してきたガンマンの次元大介
そんな彼は、ルパンや石川五ェ門と共に牢屋へ収監されていたある時、自分の人生について振り返っていた。

「そろそろ俺も潮時かもしれねぇな…」

時が経つにつれて時代も変わっていく。それは当たり前な事だった…。
しかし、それでも時代に迎合せず、己自身のスタイルは決して変えようとしなかった次元は、今の時代についていけない気持ちを抱くようになっていた。
銃器を装備したドローンやプラスチック製の玩具同然の拳銃といった最新鋭のテクノロジーに胡坐をかいている警察官達との交戦にロマンの欠片も感じられなかった次元は、泥棒家業から足を洗う事を考え始める。

監獄からの脱出後、立ち寄ったバーにて「非番」と言いつつもルパンを逮捕しに来ていた銭形警部と遭遇した次元は、「どうしてそこまでルパンに拘るのか」と聞くが、逆に銭形からは「どうしてルパンと一緒にいるのか」と聞かれ、次元は曖昧な答えを出してバーを去った。

峰不二子が先に帰還していたアジトへと戻って来た次元は、ルパンや五ェ門も加えて作戦成功の祝杯を挙げる。
しかし、どこか不自然にはしゃぐ次元の様子から彼が本当に泥棒家業から足を洗うのではないかと不安を感じた五エ門はルパンに止めないのかと聞くが、ルパンが出したのは、意外にも「止めない」という答えだった。

「時代が変わりゃ自分も変わる…俺はそうやって来た」
「けど、次元大介って男だけはそんな俺を黙って受け入れてくれた。あいつだけは変わらずにいてくれた。だから俺は、でいられたのかもしれねぇ…」
「ならよ、あいつがどうしようが、黙って受け入れるのが筋ってもんだろ?」

次元を想うからこそ、寂しそうな表情をしながらも、彼が出て行くのを受け入れようとしていたルパンの言葉に、最初は怒った五ェ門も何も言えなくなった。

次元が不二子と何気ない会話をする中、銭形率いる警察がアジトを襲撃。
先にルパンと五ェ門、不二子が逃走し、自分が囮として残る道を選んだ次元は、「その酒…一人で飲んだら承知しねえぞ」と、後でルパンが持っているウィスキーを共に飲む事を約束し、別れる。
それが次元の出した「答え」だった。

「やっぱり変わらねえな…。お前はクラシックだよ…次元」

次元大介のルパン三世達との日々は、まだまだ終わらない…。

特徴

本作は、ルパン三世PART1』の頃より小林清志が演じて来た次元大介(別名:小林次元)の送別会とも言える作品である。
その為、当然ながら次元を視点とする形で物語は展開し、五エ門、不二子、銭形、そしてルパンといった長年共にしてきたメインキャラ達との対話も丁寧に描かれている。
また、前述のルパンの台詞も、アニメのルパン役が故・山田康雄から栗田貫一へと変わり、五エ門、不二子、銭形の三人も何人かの代替わりをしていったのに対し、次元役はこれまでずっと小林が務めてきていた事実を踏まえると、非常に重い言葉であると感じさせる(実際、観ていた視聴者の中にも「やけに台詞が生々しい」「台本通りとはいえ半分は私情もこもってそう」などとメタ発言として捉えた人も少なくなかったという)。
ルパンが大事そうに抱えていた酒瓶のラベルには1971と書かれており、これはテレビシリーズ第1作の放送開始年である。

本作を最後に、小林は次元役を勇退。第1話以降は同じく『PART1』にて五エ門役を担っていた故・大塚周夫の子である大塚明夫の演じる次元(別名:大塚次元)が活躍していく事になる。

第0話の位置づけの通り、PART6の前日談、プロローグという体裁であり、メインキャラクターの衣装はPART6本編とは異なり、PART5の服装となっているが、ラストでルパンが青から緑のジャケットに着替えることで本編に繋がる演出がなされた。

主要スタッフも本編から一部変更され、過去作に関わったスタッフを起用。テーマソングも第2シリーズで使用された「ルパン三世'80」となり、小林の名前が刻まれた最後のスタッフロールを飾った。

キャスト交代について

小林はごく一部を除いてPART1から担当していた。レギュラー声優が全員変更となった際も、代わりがいないとして栗田貫一と並んで残留したが、特に小林は自身で新声優のオーディションを受け直したという。
次元大介は小林自身の集大成であり、最初こそ苦労したが長い間演じるうちに自分が次元へと寄っていき、一体化するような感覚すらあったという。

「首から上が無事な限りは演じ続ける」という意気込みを常に表明し、私生活では杖を付かないと歩けない程に身体が衰え、キャラクターの役はほとんど降板してもなお、小林は次元を演じ続けた。

その「次元大介の外観」と小林の「年月を経て『熟成』されていく声」が「アニメにおける『次元大介』の魅力」でもあり、後述する批判にも「風貌があまりにも若々しいならともかく、次元だから許せる部分もある」「あんな『渋さ』は1日2日で出せるものではない」などと反発するファンは多い。

しかし一方でその「ハマり具合」から「余人を持って代えがたい」存在になりつつもあったために、「もし小林清志が死んだらどうなるのか」と不安を抱くファンも多くなっていた。

そしていつしかファンの間では「小林清志が次元大介を引退する日」をXデーとして捉える様になったのである。

しかし2021年、毎週長時間のアフレコに臨むのは年齢的に落ちた体力の問題から困難となり、「限界」と判断してついに勇退を決意した
この時に「自分にとって『ルパン』という作品は命をかけてきた『ライフワーク』である」と前置きし「出来る事なら90歳までやっていたかったが無理だった。(映像とのギャップがあるかもしれないが)歳をとればそれなりの深みが出てくるはずだ」と発言した。
一方で一部の視聴者から「次元は歳をとった、(台詞が)聞きづらい」と評された事に対しては「周囲がそう思うのは当然だ」とした上で「わたしゃ、齢88歳であるぞ。俺なりに努力した結果だ」と反論し、降板により「そういった批判を受けないで済むからほっとする」とも語った。

後任の大塚に対しては、かつての共演者だった大塚周夫(アニメ版初代五ェ門)との縁故あるエピソードを披露した後、次元を「単なる悪党とは異なる、江戸の粋…ある種の『江戸っ子』らしさがあり、雰囲気はJAZZにも似ている」と喩えた上で「これは難しいぞ」とエールを贈った。

Part6からの演者となる大塚明夫だが、実は「ルパン」とは全く縁もゆかりも無い訳でもなく、散発ながらTVスペシャルのゲストキャラとして何度が出演していた事もあった。そもそも明夫の父親である大塚周夫はパイロットフィルム(TV版)における銭形役、Part1における五エ門役である。明夫はかつて小林に「なぜ親父は五ェ門を辞めたんでしょう?」と尋ねたことがあり、小林も答えに窮したという。勇退表明の文中では「さぞ先輩も無念だったにちがいない」と述懐していた。

明夫は今回のオファーについて「身が引き締まりました。清志さんの想い、たしかに掴んで離さないよう精進します」とコメントし、小林が50年をかけて「生命を吹き込んだ」次元大介を「もはや『清志さんそのもの』である」と捉えており「次元大介から『清志さんじゃない声』が聞こえてきたらイヤです。もしかしたら誰よりも。だからこそ、そんな自分さえも納得させ得る次元大介を演じたい」と意気込みを表明し、小林から受け取ったバトンを繋いていく事を誓った。

大塚はオファーを受けた時「当然嫌だったし本音を言えば交代自体も納得しかねる。だが自分が固辞しても誰かがやることになるため、別人にやられて寂しい気持ちになるくらいなら自分が叩かれた方が良い」と逆に快諾したという。小林に一言挨拶したいと思っていたが機会がなく、直接押しかけるのも迷惑だろうと渋っているうちに収録が始まったという。

しかしPART6でのキャスト交代時、公式に出されたコメントを見て「90歳までやっていたかったということは、喜んで役を譲ったわけではない。そのうえでヒントをくれた(次元は江戸っ子でJAZZ)と受け取り、ありがたくて涙が出た」「霧が晴れたような、地獄のなかに蜘蛛の糸が垂れてきたような救いを感じた」と語っている。ちなみにPART6の1クール目はこれらのコメントがくる前に収録が済んでおり、自身の次元を聞いて「これは違うな」と何度も苦しんだという。

また、自分のルパンを確立して長い時を経て評価を得た栗田貫一と違い、大塚は「新しい自分の次元を作ろうとは思っていない。それは自分自身が許せない」と語り、小林清志の演じる次元をいかに踏襲するかを意識するつもりとしている。そして栗田に比べれば自分は甘い環境にいるとすら語っている。

小林の勇退により主要キャストはこれで完全に入れ替わったのである。

スタッフ

監督富沢信雄
脚本高橋悠也
キャラクターデザイン横堀久雄
音楽大野雄二
制作トムス・エンタテインメント


関連タグ

ルパン三世PART6 次元大介 小林清志 大塚明夫

関連記事

親記事

ルパン三世PART6 るぱんさんせいぱーとしっくす

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「時代(ルパン三世)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3737

コメント