ピクシブ百科事典

アナスタシア・ニコラエヴナ・ロマノヴァ

あなすたしあにこらえゔなろまのゔぁ

アナスタシア・ニコラエヴナ・ロマノヴァとは、ロシア帝国ロマノフ朝の皇族である。
目次[非表示]

概要

【1901年6月18日 - 1918年7月17日】
最後のロシア皇帝、ニコライ・アレクサンドロヴィチ・ロマノフ(ニコライ2世)とアレクサンドラ・フョードロヴナ(アレクサンドラ皇后)の第4皇女。

第二次ロシア革命にて、親きょうだい共々惨殺されたが、遺体が本人であると確認されなかったことから生存説が囁かれ、20世紀の大きなミステリーとなっていた。

かつてを知る多くの証人達は「お転婆娘だった」と語っている。家族からは明るく、いたずら好きであった彼女を「反抗児」とか「道化者」と呼んでいたとされる。姉達は美しく成長するようにつれ、マスメディアや貴族の間で騒がれるようになっていったが、アナスタシアはたまにそのやんちゃぶりが笑いを誘うか、顰蹙を買う他はほとんど注目されなかった。
当時すでに鏡を用いたセルフィーをしていたり、変顔で写るなど写真好きだったようである。

死後、ロシア正教会から新致命者に列聖された。

処刑

1918年、監禁されていたエカテリンブルクのイパチェフ館において、ウラジーミル・レーニンから「一家全員処刑の命令」を受けた、秘密警察組織チェーカーの次席ヤコフ・ユロフスキー率いる処刑隊に、両親・姉弟と4人の従者と共に銃殺された。

長らく遺体は不明とされていたが、1979年に地質学者が発見に成功している。しかし、ソ連体制下では黙殺されることは明白だったためにその後もその事実を隠し続け、1991年に大きな集団墓地が政府の手によって発掘され、その後のDNA鑑定により皇帝と皇后および3人の娘の身元が改めて確認された。この際に、皇女1人(※)と皇子の遺体が確認されなかった。

2007年8月にエカテリンブルク近郊で、第3皇女マリア・ニコラエヴナと第5子アレクセイ・ニコラエヴィチのものと思われる遺骨が発見された。この2人は遺体をバラバラに切断され、焼却されたという残酷な事実も明らかになった。

つまりアナスタシアは1991年の時点で、集団墓地の方で納骨されていたこととなる。
しかし、残酷な皇帝一家の結末に生まれた噂は、2007年に家族全員の鑑定結果が終了するまで「皇女が生きている」という仮説を使った作品がいくつも生まれた。

※この時、弟のアレクセイと年が近い、マリアかアナスタシアが遺骸のない皇女だとされていた。当時は分析を途中で打ち切ったためと、技術がそこまで発展していなかったために、個人の特定までいかなかったと推測される。また、アナスタシアだとされていたのは、すぐ上の姉・マリアと「小さなペア」と呼ばれるほど仲が良かったことに起因される噂が広まったためだと考えられる。

王族偽装者アナ・アンダーソン

処刑からさほど時間がたたないうちに、「処刑を逃れて何処かに亡命したのではないか」という噂が国内だけに留まらず、国際的に広まった。これにより、皇帝の遺産目当てで何人もの女性が、自分がアナスタシアであると名乗り出た。
特にもっとも有名なのがアナ・アンダーソンと名乗る女性で、宮廷関係者でなければ知りえないことを知っていたり、肉体の形態異常が酷似していたために本人と遊んだことのある侍医の息子すらも生涯を通して熱心な支持者となるほどだった。
苦手であるはずのドイツ語(しかもポーランド訛り)をロシア語よりよく話せるなどの怪しい面も生前から指摘されていたものの、結局死亡するまでソーシャライトとしての暮らしを享受することに成功した。
しかし、結局は後年のDNA鑑定とその他調査により、彼女は兵器工場で働いて事故により心身を患って自殺未遂を起こし、精神病院に入院した経験があるポーランド人女性フランツィスカ・シャンツコフスカであることが判明している。
彼女の詐称については精神病院でのいきさつから、意図的な詐称ではなく精神的なショックによる偽の記憶を偽造していた、という理解が一般的になっている。

関連タグ

アナスタシア・ニコラエヴナ
皇女 ロシア帝国 ロマノフ王朝
インペリアル・イースター・エッグ
ラスプーチン アンナ・アンダーソン
生存説

「アナスタシア生存説」関連作品・モデルにしたキャラクター

関連記事

親記事

ロシア帝国 ろしあていこく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アナスタシア・ニコラエヴナ・ロマノヴァ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1170156

コメント