ピクシブ百科事典

白乾児

ぱいかる

ルパンの天敵として登場したキャラクター。原作漫画からTVアニメ、さらにはOVAにまで登場。とある方法で不死身と思わせる強靭な身体を持ったが、後のOVAでは本当の魔術師になった。
目次[非表示]

登場作品

・(原作)ルパン三世7話
・(TV)旧ルパン三世2話
・(辻真先氏の小説)小説ルパン三世
・(OVA)生きていた魔術師 CV:野沢那智

人物

原作&TV版

 暗黒街の魔術師として恐れられている人物。原作に登場し、TVアニメ化に際しても登場。ルパンの強敵として立ちふさがった。容貌は、前髪が顔の右半分を隠すほどに伸び、ホワイトカラーのスーツと、紫のネクタイを着こなす。
 峰不二子が持っていた超硬質液体の製法を記したマイクロフィルムを狙ていたが、彼女がルパンの所へ逃げ込んだ際に彼の元に置いていった。そのことから、パイカルがルパン三世へと襲いかかる事となる。その身体は弾丸(バズーカ含め)を跳ね返し、指先からは炎が出して襲いかかてくる。まさに魔術師と呼ぶ位相応しい活躍を見せた。
 しかし、後にルパンがマイクロフィルムの秘密を暴き出してしまい、パイカルの魔術の正体をも見破られて以降、立ち場が逆転し負けてしまった。

OVA版

 色んな意味でネタバレをされた挙句に大火傷を負ったものの見事に復活を果たす。天球の水晶を狙って世界を破滅に導こうと動き出すが、またもや不二子に先を越されて邪魔をされることとなり、執拗に追い回した。
 ルパンに対しては非常に根深い恨みを持ち、時には銭形幸一に化けてルパンを追い回した。また原作やTV版と違って、本物の魔術師として降臨しており、瞬間移動や空中浮遊術を見せつけた。しかし大火傷の傷が原因で夜間での行動に限られてしまうのが欠点。これは人工培養した人工皮膚が、太陽の光に弱かったためだとされる。己の目的を成し遂げる一歩手前まで来たが、ルパンの待ち伏せによって暗い海の底へ沈められてしまう。

・タグとしてはカタカナ表記のパイカルが多い。

能力の秘密

原作&TV版

 上記した通り、身体(全身)は非常に頑丈で、拳銃からバズーカを問わずして効果が無い。指先からは火炎放射を放つことができ、空中を浮遊する事も出来る。しかし、それは全て嘘っぱちで、魔術ではないことが暴かれてしまった。身体の強靭さは超硬質液体による効力であり、火炎放射は超小型の火焔放射器として応用したもの、空中浮遊に至っては単なる透明な硬質ガラスを置いてあっただけというものだった。

OVA版

 科学力を応用した力は一切使ってはおらず、正真正銘の魔術師として登場した。テレポーテーション、サイコキネシス、空中浮遊などを使って見せた。

pixivに投稿された作品 pixivで「白乾児」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9582

コメント