ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ジータ(グラブル)

ぐらぶるのじーた

Cygamesが提供しているスマホ用ソーシャルRPG「グランブルーファンタジー」における女主人公の通称。
目次 [非表示]

少女は空の彼方に帰りたいと願った。


概要

ゲームの開始初期においては性別問わず主人公に通称はなかったが、アプリ版からのかんたん会員登録時のデフォルトネームが男性の場合がグラン、女性の場合はジータとなっていることから、女主人公の呼称として定着している。ユーザーからは「ジータちゃん」という愛称で呼ばれることもある。英語表記だと「Djeeta」。


名前の由来はグランと合わせて、『グランブルーファンタジー』の末尾三文字「タジー」のアナグラムと思われる。


人物

ボブカットにした金髪に明るい茶色の瞳。頭にはマゼンタ色のカチューシャまたはリボン。

ゲーム中、主人公の性別による性能の差異は無いが(一部のキャラクターの能力で性別を参照することはある)、華やかさを求めて男性プレイヤーであってもこちらを選択するケースが多々ある。

ジョブチェンジによって着せ替え的なことを行うことができ、多様なイラストのジータを拝むことができるという他の仲間キャラにはないアドバンテージがあるので、ビジュアル的な人気は結構高い。

また、それぞれの仲間にあるフェイトエピソードの一部では性別によって会話内容が変化する。

ちなみに主人公の性別はプロフィール画面からいつでも変更することが可能である。この点から「グラン/ジータはいつでも性転換できる」などとネタにされることも。


プレイヤーの分身」タイプの主人公なので台詞は一切なく、キャラクターボイスも存在しないが、2015年と2016年4月1日のエイプリルフール企画では「ジータ」としてフルボイスで登場。その際のCVは金元寿子

基本的には普通の女の子だが、「服装によって性格まで変わる」という設定が与えられていた(それ以外に上位クラスになるほど大人になっているというか、体形も変わっているような気がするが)。

なお、この際グラン(男主人公)と同時に登場しているが、設定上どういった扱いなのかは不明である。


イベント

ハッピーバレンタインA Granblue Valentine.

ホワイトデーイベントにおいては、主人公の性別を女性にしている場合に限り、仲間になっている特定の男性キャラクターからホワイトデーのプレゼントを受け取る事が出来た。

また、バレンタインデーでは逆に男性キャラにチョコレートをプレゼントすることが可能となっている。


ラブライブ!シリーズのコラボイベント(Aqours Sky High!及びソラノトビラ)においては、コラボ先の作品の事情から、主人公の性別を男性にしている場合、イベント前に「作中の世界観に合わせ、女性に変更してコラボイベントをお楽しみにいただくことを推奨します」という異例な注意書が出た(ストーリー自体も主人公は女性である前提の話である)。


イベントではボイスなしが多かったジータなのだが、2022年7月末イベである『拝啓、大切な君へ。』ではキャラ名が若干異なるものの、ジータとしては初のボイス参戦を実現させた。

(プレミアムフライデーイベントでは、ジータのボイスありスキンが登場したこともある一方、月末イベントなどでは出番がなかった)


プロフィール

プリンセスコネクト!とのコラボで登場した際、プロフィールが設定されていた。

ただし、グラブルでも同じプロフィールなのかは不明。

年齢17歳
誕生日3月10日 ※
星座魚座
血液型O型
趣味冒険

※…グランブルーファンタジーのサービス開始日


続編であるプリンセスコネクト!Re:Diveにおけるプロフィールなどは後述


ジータの性格八変化

2015年のエイプリルフールイベント以降では「ジータ」扱いの時はクラスの衣装によって性格が変わる設定が追加されている。

(女主人公ではなく、あくまで「ジータ」というキャラの設定)

この時は、入手難易度の問題及びクラスⅣが手に入るまでよく使うようになるという点からか、クラスⅢジョブが取り上げられている。

※当記事でもクラスⅢジョブ基準で記載する。


2015年エイプリルフールでは、選択肢によって見られるジョブが異なる。


ジョブ性格の変化
ウエポンマスター威風堂々とし、やや傲慢な口調になる。
ホーリーセイバー真面目な委員長タイプ。
ビショップ神に仕える聖者のようになる。
ハーミット自然を慈しみ、おっとりとしている。自然を愛する薬草師ジャスミンとは気が合いそうだ。
ホークアイ軍人気質な照れ屋さん。
ダークフェンサーダウナーで面倒くさがり。
サイドワインダーちょっぴり語尾が片言になる。
オーガとても好戦的でさっぱりしている。口調も荒々しくなる。
スーパースター-
ヴァルキュリア-

アニメ版のジータ

CVは他のメディア同様金元寿子

アニメ『GRANBLUE FANTASY The Animation』では主人公をグランに譲り、ぬいぐるみが日本各地を探訪したりと宣伝隊長として活躍。

本編では主人公をグランが務めているため登場しない……と思われたが、エクストラエピソード「もう一つの空」の主人公として1話限りの登場を果たす。

「もう一つの空」は、グラン編に対するIFストーリーになっており、ジータがルリアと共に旅立った別時間軸が描かれた。

ルリアノートで旅立ちからこれまでを振り返る総集編風の導入に始まり、アウギュステの島で団員達とバカンスを楽しむジータ一行と、そこで起きたとある事件を描くコメディ調の水着回になっている。

こちらでのジータはグランと比較して高い練度と戦闘能力を有しており、「敵の射撃を最小限の動作で打ち落とす」「余所見・会話しながら雑魚兵士達を一蹴」「よく見ると回想のボス戦でも負傷・苦戦している様子が全くない」ともはや笑うしかない無双ぶりを披露した(なお冒頭でジータが洗濯していた服の中にクラスⅣのジョブであるウォーロックの物が混じっていた事から彼女のランクは少なくとも100を越えていると思われる)。

ジータの方が旅の仲間は多く、グラン編では1、2話限りのゲスト扱いだったキャラクター達も多くが団に正式加入している。そのため、原作プレイヤーの視聴者から「グランは無課金、ジータは課金兵」などと評される事に。

作中のイオやシェロカルテのセリフによると、積極的に団として仕事を請け負っている模様。これをゲーム的に解釈すれば、APを溢れさせることなくこまめにクエストに挑みつつ、上記のジョブ習得状況からもただ課金しまくるだけではなく共闘クエストなどもきっちりクリアしている……ものだと思われる。さらにExtra2では十天衆加入に必要な天星器「五神杖」を最終解放している事から、十天衆も最低1人(フュンフ(グラブル)は加入していると思われる。

また、ゲームのメインストーリーではバルツの次がアウギュステ、その後ルーマシーであるが、ロゼッタやユグドラシルが居るにもかかわらずアウギュステに初めて来たような反応だったため、オイゲンとリヴァイアサンは完全に無視された形となっている。ただしロゼッタは攻撃方法からリミテッド版、ユグドラシルは大きさからアニメ終了後に実装されたパーティーメンバー版であるとそれぞれ捉えられる為に恐らくジータは彼女達を本編イベント前に引き当てたということになる。


総じて「正統派冒険譚とボーイミーツガールが描かれたグラン編ではできなかった事」を実現した特別編として好評を博した。

一方で少数ながら存在する「原作ゲームが男女の主人公選択式である事を把握していない、アニメ完全初見組の視聴者」からは困惑的な反応・感想を残す事となった。実際、なにも知らずに「12話の続きの13話」のつもりで観てしまうと月島さん歴史改変ビームに匹敵する衝撃であったのも確かだろう。


第2期Extra1ではクリュサオルで登場。つまり原作のメインクエスト44章までクリアしているという事である。さらに装備している武器はどちらもSSRキャラクターが解放されるので彼女の騎空団にはその2人もいる事になる。

武器性能としてはさらに高性能な武器も存在するのだが、それを言外に表したかったのかも知れない。


グランブルーファンタジーヴァーサス

第1弾ダウンロードコンテンツの追加キャラクターとして参戦。比較的真面目で控えめな性格のグランと比べ、試合前デモで笑顔で「ワクワクしてきた」と言うなど性格の違いがみられる。また2P側にローアインと対戦した場合、「ヨロヨロレイヒッヒー」と発言する。格闘ゲームパートでグランと対戦した場合、彼と同様にルリアとビィを連れているが互いに面識はなく、別世界の同一人物のような扱いになっている。


RPGモード(ストーリーモード)では世界融合後の2部からグランと邂逅・共闘することになる。武器や技演出が豪華だけじゃなく経験も本物で、ルシファー戦などGBVS版グランには経験してない戦いも知っているが、そのためか3部では一時戦線離脱の時期もあった。

性能はスピード寄りのスタンダードキャラクター。足回りは全キャラ中トップクラス。ヒラヒラなスカートを着用しているのだが、パンチも使うグランとは違い、殴ることはしないが膝蹴りやハイキックなど蹴り技を多用する。ちなみにスカートと同じピンク色のパンツを履いていてスカートの色に合わせて下着の色も変わる仕様。

そしてアニメ同様やりこみ勢のような演出が加わっている。具体的に言うと統べている

通常奥義・その名も『絶類なる十の力』はテクニカル入力の場合、他の格闘ゲームで言うと「デッドリーレイブ」と同様タイミングよくボタン入力していくタイプ。その時髪の色は『十天の極みに至りし者』のイベントの時と同様青色に変化している。奥義をテクニカルで確実に決められるかが勝負のポイントとなる。

他にも武器スキンの内容がグランと比べ異様に豪華になっており、

・バハムートウェポンの最終強化である「バハムートソード・フツルス」

・星の古戦場でのみ入手可能な武器の一つである「七星剣」

・天司武器全種の最終強化で入手可能なスキンの武器である「オルターエゴ・リアライズ」

DLC発売時点では本家未実装、かつ常軌を逸したやり込みの末に手に入るスキン用武器の「十天光輝の佩剣」

と、凄まじいラインナップとなっている。

さらに各キャラに一つずつあるネタ武器であるビィ武器の元ネタも、重課金or長期間の貯蓄の末に手に入るスペリオルシリーズの一つである「エクスカリバー」である可能性が高い。


2020年4月のプレミアムフライデーイベントでは、GBVSでのDLCリリース記念の宣伝という事もあって、ソリッズナルメアの二人と共に参戦した。


しかも、こちらのジータは何と台詞ありである。その為、今回の仕様に驚いた騎空士も多いはず。


続編『ライジング』では奥義『絶類なる十の力』の仕様を変更。タイミングよくボタンを入力する必要はなくなり、代わりに解放奥義『大いなる破局』と同様体力が1/4以下の状態で『絶類なる十の力』をヒットさせると髪が青くなり威力が上がるようになった。これによりプレイヤーの負担が減り使いやすくなっている。


ジータの衣装コレクション

※各種ジョブに関しては、ジョブ(グラブル)の記事を参照。


ファイター(初期ジョブ)

ジータ 5Lジータジータこれからの旅路

ファイター時の服装(普段着)はマゼンタのリボンとピンク色のフリルが付いたパフスリーブのブラウスとピンク色のスカートのハイウエストワンピース。

焦げ茶のサイハイブーツと同色のロンググローブの上から銀の篭手をつけている。


アイドル(キミとボクのミライ)

キミとボクのミライセンシティブな作品

ハーピスト/ミンストレル/スーパースター/エリュシオン用のスキン。

アイドルスキンになるとルリアも一緒にアイドル衣装に着替える。


春麗

センシティブな作品センシティブな作品

ウルトラストリートファイターⅣとのコラボイベントで実装されたスキン。

同イベントの限定武器「ストリートファイト」をメイン武器として装備するとこの衣装になる。

また「ストリートファイト」をメイン武器にした状態で戦闘すると熟練度が上がるので、最大まで上げるとメイン武器関係なくスキンを変更できるようになる。

拳を装備可能なグラップラー系、忍者が適用可能。

見ての通りの春麗のコスプレ衣装。体格の差もあり、本家とはまた違った趣がある。

ちなみにグランが装備するとリュウの衣装になる。


ホーリーナイトガウン

聖夜じーたクリスマスプレゼントは

クリスマスシーズンに追加されたサンタ服のスキン。

杖の持てるプリースト系、ウィザード系、賢者のジョブで装備できる。

クリスマスガチャセットを購入すると入手できる武器「クリスマスワンド」を装備して熟練度を最大まで上げることで、自由に装備が可能になる。


グラブル宣伝隊長

アニメ宣伝隊長にジョブチェンジした!

TVアニメをプロモーションするためにスペシャルジョブ“宣伝隊長”にチェンジした姿。

残念ながらゲーム内には登場しない。


ヴァーミリオン

センシティブな作品

LORD of VERMILION Re:3」とのコラボイベントで実装されたスキン。

同ゲームに登場するアンジェラの衣装がモチーフ。

剣が装備できるジョブはすべて適用可能。


きぐるビィ

センシティブな作品

グランブルーファンタジー・クロニクル全巻(vol00~vol11)購入特典。

各巻についているシリアルコードを全て入力すると貰う事が出来る。

ジョブの制限はなく、すべてのジョブが装備可能。


水着(ジ・アニメーション)

センシティブな作品センシティブな作品

アニメ「グランブルーファンタジー・ジ・アニメーション」の第13話(エクストラエピソード)で登場した水着姿。

そのまま完全生産限定盤のBlu-rayDVD特典の限定スキンにもなった。


調査兵団

ジータ

進撃の巨人とのコラボイベント「タイタニック・イェーガー」で登場。

前述の「ストリートファイト」と同様に報酬のSSR武器「スナップブレード」の熟練度最大で入手可能。

同作の登場人物のミカサ・アッカーマンアニ・レオンハートを思わせる姿となる。


レーシングスーツ

プラチナスカイ ジータちゃんレーサージータちゃん

イベント「プラチナ・スカイ」で登場した衣装をモチーフにしたスキン。

レース用と言うが胸開きでへそ出し、お尻の線も丸わかりという色んな意味で危険な衣装。


十天衆を総べし者

統べ

グラブル5周年記念アップデートから登場した、十天衆を全員揃えると貰えるジョブスキン。

十天衆共通の鎧とマントをまとっており、周囲には天星器を配置したジョブとなっている。


十天の極みに至りし者

Dark Rupture

グラブル5周年記念アップデートから登場した、十天衆全員を最終上限解放している貰えるジョブスキン。ゲームタイトルの『グランブルーファンタジー』を象徴するように、髪と瞳が青く輝いているのが特徴。


オルターエゴ・コンジュラー

オルターエゴ・コンジュラー

グラブル5周年記念として2019年4月24日のアップデートから、天司武器を全て最終上限解放する事で取得できるスキン。天司武器なのにどう見ても悪堕ち・・・・・あっ…(察し)


ユカタヴィラ

浴衣ジータちゃん

2019年7月の夏イベ「カッパサマー・クロニクル」で貰える夏スキン第2弾。こちらは書き下ろし。

白地にピンク色の花柄をあしらった浴衣で、髪型も三つ編みになっている。


学び舎の装い

制服ジータちゃん

メインクエスト第140章をクリアすると獲得できるジョブスキン

王立フィロス教導学校の指定制服であるセーラー服。髪型は三つ編みおさげ


スマートエレガンス

スマートエレガンスのジータちゃん描いてみました。

メインクエスト148章をクリアすると獲得できるジョブスキン。劇場へ潜入する為に用意された。

サイドの布が少なく腰までスリットがあるにも拘らずインナーが確認できないかなり大胆な衣装。


Vest of Life

2022年末イベント「Age of Tyranno」においてフライデーが用意した対巨大生物用コスチューム。

見た目はフライデーの衣装にエビフライ・レプリカで交換するエビスプレッダーを装備している。

エビフライに座ったジータの太ももが眩しい。


プリンセスコネクト!Re:Dive

ジータ

前作プリンセスコネクト!から続投。コラボキャラだが入手期限などはない恒常キャラで、プラチナガチャまたはハードクエストから入手できるメモリーピースを集めることで解放できる。初期レアリティはガチャ排出最高レアの★3。

詳細はジータ(プリコネ)を参照。


GRANBLUEFANTASY:ReLINK

ジータちゃん


NieR:Automata

センシティブな作品

グランブルーファンタジーヴァーサス』に2Bがゲスト参戦を果たした特典として、本家グラブルに2B風のコスチュームに変更出来る。


その他コラボ

Shadowverse

同じCygames制作の対戦型デジタルカードゲーム『Shadowverse』では、グランブルーファンタジーをテーマにしたカードパック「十天覚醒」にて参戦した。

ニュートラルのレジェンド「未来への飛翔」から「チョイス」する、トークンのスペルカードとして登場する。

カード名未来への飛翔
種類スペル
クラスニュートラル
レアリティレジェンド
コスト5
能力グランの覚悟
ジータの決心
このコストと同じだけ自分のPPを消費して、チョイス したカードとしてプレイする。
解放奥義 15; チョイス ではなく、十天衆を総べし者・グラン&ジータを1体を出す。
CV小野友樹/金元寿子
収録セット十天覚醒

※チョイス…複数のカードから選択する能力。

※解放奥義…数字のターンかそれ以降にプレイすると発動する能力。手札にあるとき自分のフォロワーが進化すると-1される。


カード名ジータの決心
種類スペル
クラスニュートラル
コスト0
能力ランダムな相手のフォロワー1体に10ダメージ。
自分のEPを1回復。自分のPPを2回復。
CV金元寿子
収録セットトークン

ジータのスペルとなる「ジータの決心」の場合、ランダムに1体対象のダメージと、EP(進化ポイント)とPP(プレイポイント)を回復させる能力を発動させることができる。相手フォロワーを除去しつつ、こちらの後続の動きを確保することが可能。


さらに、未来への飛翔の解放奥義能力を発動させることで、十天衆を総べる

詳細は十天衆を総べし者を参照。


余談

「ジータ」だけで検索するとベジータアルテッツァジータアルテッツァのワゴンモデル)も引っかかるので、作品名もつけると良い。


関連タグ

グランブルーファンタジーの登場人物一覧 グラン(グラブル) 主人公一行(グラブル)

キミとボクのミライ

女主人公 ソシャゲの主人公 アバター サイハイブーツ

ミニスカート プリーツスカート ピンクパンツ

レスラージータ(レスラー(グラブル)


プリンセスコネクト!プリンセスコネクト!Re:Dive:コラボ企画としてフルボイスで参戦。


ぐだ子:プレイヤーによる性別変更が容易である主人公繋がり。ただしこちらはCV無し。


アナ(パズドラクロス):アニメ本編では男主人公がメインで出番なしだったが、まさかの客演を果たしたつながり。


関連イラスト

ジータちゃん!センシティブな作品


関連リンク

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 81739235

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました