ピクシブ百科事典

キミとボクのミライ

きみとぼくのみらい

Cygamesが提供しているスマホ用ソーシャルRPG「グランブルーファンタジー」のテーマソング
目次[非表示]

この空で一番のアイドル、目指そっか!

概要

2015年4月1日に始動した、グランブルーファンタジーアイドルプロジェクト。
その第1弾として、グランPのプロデュースのもと4人の新人アイドルがデビューした。

キミとボクのミライ


空の命運を握る少女・ルリア

ヴィーラちゃん


狂恋の華鎧・ヴィーラ

マリーちゃーん!!


トレジャーエクスプローラー・マリー

キミとボクのミライ


そして我らが騎空団団長・ジータである。

彼女たちのデビュー曲として発表されたのが「キミとボクのミライ」である。


そもそもアイドルとは元来ファータ・グランデ空域に存在していた概念ではなく、異世界よりの来訪者たちによってもたらされたものと伝えられている。
彼女たちは騎空士とともに魔物や悪漢から民を守る傍らで、歌や踊りなどの芸能を嗜み、それを民に披露し喜びを与えることを生業としていた。
その生き様に感化された民たちの間で、アイドルは空前のブームとなり、民の中にもアイドルに心惹かれる者、また自らアイドルになることを望む者が後を絶たなくなった。

グランもまた、それに感化された1人で、アシスタントのシェロカルテの全面協力のもと、プロデューサーとして騎空団のメンバーをアイドルデビューさせることを計画。
そして少々強引ながらもジータ、ルリア、ヴィーラ、マリーの4人をアイドルに抜擢した。
慣れないアイドルとしての活動に戸惑いを見せながらも、大勢の観衆の中で4人のデビューライブは大盛況を収めた。
そもそも中の人たちはそらもう前からアイドルやってますし。


ゲーム内ではグランブルーファンタジーのアニメ化プロジェクトも発表されており、PVとして映像の一部が先行公開されたほか、この曲がテーマソングとして採用されている。
サービス開始から1年が過ぎ、新たな局面に突入するグランブルーファンタジー。
彼女たちとこの歌を皮切りに、この空にまた新たな伝説が生まれるかもしれない。

























           
  *     +  うそです
     n ∧_∧ n
 + (ヨ( ´∀`)E)
      Y     Y    *


そういうゲームじゃねえからこれ!


本当の概要

日付を見てもらえばわかるようにゲーム内のエイプリルフール企画として用意された楽曲である。
ゲーム内では、上記のアイドルプロデュースにまつわるエピソードやミュージックビデオを1日限定で見ることができた。
限定エピソードでは、本来プレイヤーの分身であるため声がないはずの主人公に声がついていたり、選択式のはずの主人公が男女2人とも存在していたり、プレイヤーの視点がビィになっていたりと、通常のゲームイベントと比較すると最初から最後までツッコミどころしかない。
アニメPVももちろん嘘予告である。(ただしアニメ化については1年後に本当の予告が発表された。)

どうしてこうなったかといえばやはり昨今のアイドルブームもさることながら、同じCygamesのソーシャルゲームで公式コラボも行った「アイドルマスターシンデレラガールズ」を全力でリスペクトした結果であろう。
ちなみに同じコラボゲームである「神撃のバハムート」ではエイプリルフール企画としてルシウスアイドルプロデュース対象となっていたことがあった。


企画は終了しているが、MVは現在もニコニコ動画で公式配信されている。
→視聴はこちら

また楽曲はTVCMにも使用されており、半ばグランブルーファンタジー自体の主題歌のような扱い。もはやエイプリルフールネタの域を完全に超えてしまっている。

そんな中、大反響の末ついにCD化。2015年6月24日発売。価格は1500円(税抜)。
CDには4人で歌うバージョンのほか、各キャラのソロバージョンとカラオケバージョンが収録される。
また特典として、エイプリルフールエピソードをいつでも見られるようになり、さらに主人公用のジョブスキンとしてアイドル衣装が手に入るシリアルコードも付属。

無題
ジータ



楽曲情報

CDキミとボクのミライ ~GRANBLUE FANTASY~
ジータ(CV:金元寿子)、ルリア(CV:東山奈央)、ヴィーラ(CV:今井麻美)、マリー(CV:長谷川明子)
作曲UEMATSU NOBUO / NARITA TSUTOMU
補作曲MAEZAWA HIDENORI(picnic)
作詞Cygames / maimie


アイドルマスターシンデレラガールズスターライトステージにおいて

2016年10月14日、アイドルマスターシンデレラガールズとのコラボイベント「シンデレラファンタジー」第6弾の開催に合わせ、リズムゲーム「スターライトステージ」にてプレイ可能楽曲として実装されることとなった。アイドルマスターシンデレラガールズもとい、アイドルマスター外の楽曲が実装されるのは今回が初めて。

歌うのは前川みく川島瑞樹白坂小梅三村かな子の4人。
それぞれシンデレラファンタジー第3弾・第4弾に登場したアイドルで、うち1人はオリジナル版メンバーと中の人が一緒だったりする。

CV:東山奈央さん


MVはデレステでは初となる4人編成(左から小梅、みく、瑞樹、かな子)で、後ろのモニターに原作のMVの一部が映し出されたり、カメラワークや照明エフェクトにおいても原作を意識した演出がいくつも見られる。
また、ステージの端にはなぜか樽の上に座るビィのオブジェが置かれている。

誰がここまでやれと…

難易度楽曲LvNote
DEBUT8123
REGULAR14224
PRO18321
MASTER25545




Aqoursスカイハイ!において

2018年8月9日より開催されたラブライブ!サンシャイン!!とのコラボイベント、Aqoursスカイハイ!において、まさかの他社作品コンボエピソードに関する形で再登場を果たした。
エイプリルフール企画当時と異なり、グラン、ヴィーラ、マリーが未登場となり、代わりに(エイプリルフール企画当時にメンバーではない)イオが今回の出演グループの一員となる(もちろんそのための書き下ろしイラストも用意された)。

なお、ルリアが今回の3人の衣装デザインを担当していたことも明かされた。また、前述の3人の衣装についてはAqoursの衣装担当が制作したものと思われる。

その他の設定は上記の(嘘)概要の時とほぼ共通だが、コンボ側の背景ストーリーと合わせて為か、今回の(スクール)アイドル文化を伝えられている方はシンデレラガールズ達ではなく、μ’sの9人達だった。

関連タグ

Cygames
グランブルーファンタジー
アイドルプロデュース

エイプリルフールイベント(グラブル) 嘘から出た真 公式が病気

ソラのミチシルベ:まさかのテーマソング第2弾
リルル(グラブル):まさかの正真正銘この世界のアイドル、しかもこれきっかけ
ランスロット(グラブル):まさかの異世界でアイドル化
舞い歌う五花ティクニウトリ・ショロトル):ある意味再来――だからそういうゲームじゃ(ry

ダイスDEシンデレラアイドルマスターシンデレラガールズの方で行われたエイプリルフール企画

pixivに投稿された作品 pixivで「キミとボクのミライ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2176544

コメント