ピクシブ百科事典

サバット

さばっと

杖術、キックボクシング、レスリングを包含する、フランスの実戦的な総合格闘技。
目次[非表示]

概要

背広を着てステッキを持った紳士を想定し、「ラ・カン杖術)」、「ボックス・フランセーズキックボクシング)」、「リュット・パリジェンヌレスリング)」を包含するフランス生まれの総合格闘技である。

スペルはSavate(「」の意)。「サファーデ」とも。
開祖はミッシェル・カスー。
試合は「ボックス・フランセーズ」形式で行われる事が多い。

昔のフランスは地域格差が激しく治安が悪かった。
「サバット」はゴロツキが町中で使う喧嘩殺法などを体系化し、古代ギリシャのパンクラチオンから発展した技術などを取り入れ誕生した格闘技で、ルール無用の無法者や武器を持った輩を相手にすることを想定している。
不良同士のストリートファイトでは刃物を仕込んだ靴が用いられた事もあった。固い靴を使用し足技を主体とするのは、そのためである。

サバットを現在の形式にして普及させたのはシャルルモン・ルクールで、喧嘩殺法から紳士向けの護身術に変化させた。

ボックス・フランセーズ

フルコンタクト形式のコンバ、ライトコンタクト形式のアソーがある。

キックボクシングムエタイとは異なり肘と膝の打撃は認められない。
シャッセという横蹴りで距離を測り、パンチ技(ワンツーを基礎にしたボクシングのもの)にキックで攻め込む。
靴の攻撃を靴で受けるのは、そうしないと大怪我だった時代の名残りで、スネで蹴りを受けると減点対象である。

余談


関連タグ

格闘技 フランス
アーネスト・ホースト ブルース・リー
キング(龍虎) アルセーヌ・ルパン 人吉善吉 カタリーナ・アウヴェス

関連記事

親記事

格闘技 かくとうぎ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「サバット」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 54615

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました