ピクシブ百科事典

サバット

さばっと

フランスの護身術から紳士の格闘技へと昇華された物。ボクシングのパンチ技もあれば硬いシューズで相手の顔面を蹴るカッコよくも実戦的な格闘技。

概要

スペルはSavate(「」の意)。「サファーデ」とも。
開祖はミッシェル・カスー。
「ボックス・フランセーズ」と呼ばれる形式で行われる事が多い。

昔のフランスは地域格差が大変激しくファッション・グルメや芸術を楽しむことが出来ないほどに治安が悪かった国であり、そういう時代にキックボクシングなどを元に誕生した格闘技が「サバット」である。
よって、本来は手足による打撃だけでなく棒術レスリングを使い分ける総合格闘技であり、不良同士のストリートファイトに用いられることもあったため、刃物を仕込んだ靴が用いられた事もあった。
固い靴を使用し蹴り技を主体とするのは、そういったルール無用の無法者や武器を持った輩を相手にすることを想定しているためである。

現在のサバットの形式に普及させたのがシャルルモン・ルクール。普及対象を上流階級に絞りサバットを喧嘩殺法から護身術に変化させた。
フルコンタクト形式のコンバ、ライトコンタクト形式のアソーの二種類がある。

キックボクシングムエタイとは異なり肘と膝の打撃は認められない。
シャッセという横蹴りで距離を測り、パンチ技(ワンツーを基礎にしたボクシングのもの)にキックで攻め込む。
スネで蹴りを受けると減点対象である。(上述の、靴の攻撃は靴で受けないと大怪我だった時代の名残か。)

ブルース・リーが創始した格闘技のジークンドーにもサバットの動きは取り入れられている。

現実では元K-1選手のアーネスト・ホースト、格ゲーでは龍虎の拳にKOFシリーズのキングが(一応ムエタイ使いなのだが)サバットの動きを取り入れている。

関連タグ

ブルース・リー 
キング(龍虎):使い手の一人である可能性がある
格闘技 フランス

pixivに投稿された作品 pixivで「サバット」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3060

コメント