ピクシブ百科事典

マッスルズ

まっするず

マッスルズとは、ゲーム版『ソニックトゥーン(太古の秘宝)』の紹介映像内で登場したナックルズの容姿から生まれたあだ名である。
目次[非表示]

マッスルズ「わざと難しいこと言って、俺が……えーっと、“賢くない”って意味の言葉は……」
テイルス「“おバカさん”?」
マッスルズ「それだ! お前賢いな!」

CV:神奈延年

概要

ソニックトゥーン』において少しボサボサ髪(トゲ?)になったソニック、衣装を一新したテイルスとエミー、そしてナックルズはなんと……

「丸太のように太い腕に上半身はガッチリ、それ以外はこれまで通り」

という、ぶっちゃけ言えばアメコミにおけるパワー担当のテンプレ的な体格とミックスした結果、アンバランスな体系にリニューアルを果たす。

そして見た目からお察しの通り、パワフルな格闘攻撃に穴掘り移動や壁登りを得意とするが、これまでのシリーズでおなじみの滑空は上半身が重くなった結果出来なくなった様子。

アニメでは別世界から来たナックルズも「誰だこのマッチョ」と苦言を呈している。
ちなみに別世界のナックルズは普通に賢いし正義感溢れる熱いヤツ。

なぜマッスルズになったのか?

これはアニメ版の都合であり、ソニックトゥーンというブランド自体が新規層・ファミリー向けのため、一目でどんなキャラ(要は脳筋)かわかるようにするための措置であるとのこと。

ゲーム版だと「赤いイケメンハリモグラ」と自称する事はあっても、本編ソニックにおける性格に近かったが、アニメ版では脳筋の愛すべきバカと化している。その一例を挙げると、

  • 手紙の文字が読めず、そもそも単語の意味もわからない。
  • ソニックが連行されて裁判にかけられた際は弁護士に立候補するが、まるで役に立たない。
  • テイルスに「おバカさん」と言われても怒るどころか感心してしまう。
  • ツキを良くするために、何度も身投げをして悪運を取り払おうとする(だいたいスティックスの助言が原因だが)。
  • 作戦でソニックに利用された時も、上手く言いくるめられて納得する。
  • 大きなバースデーケーキに隠れて満面の笑みでソニックを驚かそうとするが、スベっていたので気まずい雰囲気になる。
  • 邪悪クッキーでエッグマン並の頭脳を得ても、元がおバカなので普通の知能指数レベルに減算される。
  • 生肉の七面鳥のに腕を突っ込んで腹話術。
  • 爆発するオモチャのアヒルちゃんに87回も引っかかる。
  • トウガラシ相手に「アホ」を連呼される。
  • 大晦日なのに太っちょのおじさんからプレゼントをもらおうと寝帽子と枕を完備。
  • 妄想の中ではオーラを纏って空を飛び超強力なエネルギービームを両手から放ち、時には白鯨を追いかける気高い船長と、かなりお花畑(なお彼の中のソニックは軟弱者扱い)。
  • 成り行きで村長になった話では、あまりの権力の行使ぶりに村中が大パニックを起こし、ソニックとエッグマンが手を組んでしまう。

しかしピアノや絵はやたらと上手い。わけがわからないよ

ただし彼の名誉の為に付け加えておくと、おバカでお人好しではあるが、ソニック同様に困った人を放っておけない性格で村の住人達ともすぐ打ち解けることができ、周りを和ませるムードメーカーであると同時に本作随一の癒し要員である。
ソニックとナックルズの年相応とした悪友のふざけ合いや、中の人も某公式無法地帯アニメばりにコミカルな演技をするので一見の価値あり。

余談

なお日本以上にソニックがアツい海外ですらこのムキムキデザインはあまり好評ではないらしく、そのためか海外でも日本と同じく「Muscles the Echidna」の通称が浸透している。

オイオイ、ソニックトゥーンもといSONIC BOOMは海外発の新プロジェクトじゃないのか? とツッコミが入るかもしれないが、こういうことは意外にもしばしば起こることである

関連イラスト

ナックルズブーム
ナックルズ



関連タグ

ソニック ソニックシリーズ ソニックトゥーン ナックルズ・ザ・エキドゥナ

関連記事

親記事

ナックルズ・ザ・エキドゥナ なっくるずざえきどぅな

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「マッスルズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 52441

コメント