ピクシブ百科事典

超神龍

すーぱーしぇんろん

超神龍とは『ドラゴンボール超』に登場する新たな神龍である
目次[非表示]

テエナカヲ イガネテシソ ウユリノミカ ヨデイ チョンマゲ」(アニメ版)
ウドラ キムハルョエ タスナノギウ ンキニオト チョンマゲ」(漫画版)

曖昧さ回避

  • ドラゴンボール超に登場する新たな神龍。当記事で解説
  • ドラゴンゲート所属の覆面レスラー。→詳しくはwikipediaの記事を参照


概要

『ドラゴンボール超』に登場する新たな神龍。初出は「破壊神シャンパ編」。
地球の神龍やナメック星ポルンガの始祖にあたる黄金の神龍で、龍神ザラマが生み出した一つ一つが惑星程の大きさがある超ドラゴンボールに宿る。
叶えられる願いは1つのみだが、その代わり制約が一切無くどんな願いでも叶えられる。
他の神龍同様1度使うと1年間はただの石になる。

球が惑星サイズな為、超神龍も非常に大きく、そのサイズは複数の銀河を飲み込む程。
容姿は中国神話における黄龍(とくに上位の応龍)やワイバーンに似ており、神の精であり龍族における究極の存在である点も似ている。また他作品であるが遊戯王青眼の白龍ともよく似た容姿をしている。

ポルンガと同じく特殊な言語を使わないと呼びだせないタイプで、こちらは神の言語を必要とする。
神龍の声や願い事を言う際も全て神の言語で統一されるため、神の言語を理解していないとボールを集めても何も出来ない。アニメ版ではこの神の言語は悟空達が使っている言葉を逆から読むという単純なものになっているが、悟空達はそれに気づいていない。漫画版では、逆さ言葉ではなく文字を一つ後ろにずらしたものになっている。

なお、呼び出す際にはそれら関係なく語尾は「ちょんまげ」で統一されており、それを訳すと「出でよ 神の龍 そして願いを 叶えてちょんまげ」になる。

アニメ版では初登場した際、願い事をする際は、その者(達)が超神龍に飲み込まれて、超神龍の体内の「コア」から願いを叶えるというものだったが、宇宙サバイバル編で使用した際には 飲み込まれる事もなく普通に超神龍本体に願いを告げており、その設定が生きているのかは曖昧である。

前述の通り、どんな願いでも叶えられ、その力は全王が、消滅させたものをも蘇らせることができる。ただ全王の方も超神龍の願いで不死身になったザマスを消滅させた事もあり、どちらが上なのかは不明である。

超ドラゴンボール

願い玉」ともよばれる「超ドラゴンボール」は、神暦(しんれき)41年、龍神ザラマによって造り出された、直径37,196.2204kmの完全なる球体が第6宇宙、第7宇宙合わせて七つ存在する。
七つの薄黄色の球には、1~7までの赤いヒトデマークが入る。このヒトデマークは、どの角度から見てもヒトデ形を成すように屈折を利用したザラマオリジナルの構造で、神暦42年に特許を取得した。
両宇宙にまたがって散らばっている球、7つを全て集め、神の言語で、「出でよ 神の龍 そして願いを 叶えてちょんまげ」と唱えれば神の龍が現れ、どのような願いも1つだけ叶えてくれる。そして願いが叶えれば、再び両宇宙に飛散し、叶わぬ夢を持つものに、揃えられる時をじっと待つのだ。

叶えた願い一覧


関連イラスト

超神龍と悟空
ドラゴンボール 神龍 ポルンガ 超神龍 Dragon Ball



関連動画

ドラゴンボール超 第41話予告 「出でよ神の龍 そして願いを叶えてちょんまげ!」(2016年4月25日公開)

※東映アニメーション公式YouTubeチャンネルより

関連タグ

ドラゴンボール ドラゴンボール超
神龍 究極神龍 邪悪龍
ポルンガドラゴンボールZのタイトルコール等において「超神龍」と呼称されていたことがある。

関連記事

親記事

龍球 どらごんぼーる

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「超神龍」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5619

コメント