ピクシブ百科事典

ヴィナーヤカ

ゔぃなーやか

ヴィナーヤカとは、インド神話の神ガネーシャの別名である。

「無上」を意味する言葉で、ヒンドゥー教にはかつて、実際に彼を最高神とするガナパトヤ派という宗派が存在した。
後にシヴァ信仰のシャイヴァ派に吸収されたが、ガナパトヤ派が生んだ聖典類は現存宗派におけるガネーシャ信仰に強い影響を残した。
現在でもスマールタ派では至高のブラフマンの五つの顕現の一つとして位置づけられる。

漢訳仏教経典では「毘那夜迦(ビナヤカ)」と表記され、この名で記される神(歓喜天)はヒンドゥー教のガネーシャとは異なる特徴を持つ。

ヴィナーヤカは現在でもヒンドゥー教で使われている呼称である。
代表例として「アシュタヴィナーヤカ(8のヴィナーヤカ)」が挙げられる。
サフラン色をした、やや抽象的な造型の8つのガネーシャ像と、それらを祀る8つの寺院の総称であり、
ガネーシャ信仰の重要な巡礼地である。

pixivに投稿された作品 pixivで「ヴィナーヤカ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 152

コメント