ピクシブ百科事典

六地蔵

ろくじぞう

地蔵菩薩像の祀り方の一つ。 六体の地蔵菩薩を横一列に並べる。それぞれが「六道」の世界を表している。

六地蔵とは、地蔵菩薩の形態の一つである。

概説

地蔵菩薩像の建立形態のひとつ。
六尊の地蔵菩薩像を横一列に配して、道端や寺社の境内、共同墓地の前に供養する。

それぞれが六道に対応しており、天道・人間道・阿修羅道・畜生道・餓鬼道・地獄道に対して以下の通りに対応しているとされる。

修羅畜生餓鬼地獄
檀陀(だんだ)宝珠宝印持地除蓋障(じょがいしょう)日光
金剛願金剛宝金剛悲金剛幢放光王預天賀
※いずれも末尾に「地蔵」と付く。

像はそれぞれ合掌するか、錫杖蓮華・香炉・幡(はた)・数珠宝珠のいずれかを持っている。
ただ宗旨や経典によって上表通りに対応していない例も多々あり、正解があるとは言えない状況である。

なお合掌する地蔵菩薩は、ほぼ左右どちらから数えて5番目の位置にある。
これは人間道の地蔵菩薩であり、この像が合掌の様相なのは人間道が最も悟りに近い(修羅以下では欲に振り回され、天では気位が高すぎて、それぞれ仏の教えに気づきにくい)ことを意味する、という説もある。

関連タグ

仏教
地蔵菩薩 地蔵

笠地蔵

pixivに投稿された作品 pixivで「六地蔵」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 293

コメント