ピクシブ百科事典

天王星うずめ

てんのうぼしうずめ

天王星うずめとは、『新次元ゲイムネプテューヌVⅡ』のキャラクター。
目次[非表示]

本多真梨子(日本語版) エリカ・リンドベック(英語版)

概要

新次元ゲイムネプテューヌVⅡ』に登場するキャラクター。「てんのうせい」ではなく「てんのうぼし」。一人称は「俺」。「零次元編」と「心次元編」に登場。

ネプテューヌネプギアが迷い込んだ、「零次元」と呼ばれる滅亡寸前の世界に住む少女であり、また零次元で確認できる唯一の守護女神、オレンジハートの正体でもある。

ぶっきらぼうで男勝りな口調をしているが、義理人情に厚い性格で、零次元の住民を守ることにをかけている。公式webサイトのキャラ紹介文曰く、「気迫と気合の塊」
しかしその本質は夢見がちで妄想が激しい少女そのものであり、妄想をしている時などにそういう一面が表に出てくる事もある。その際は一人称が「うずめ」に変わり口調も女神化した時に近い物になる。

主な戦闘スタイルは右手のメガホンの様な専用の武器を使用しての音波(?)攻撃と拳を使った肉弾戦。また、左腕にはヴィジュアルラジオを装着しており、通信などに使用している。

主な人間関係としては、自身の良きパートナーである人面魚海男(うみお)や零次元に迷い込んだネプテューヌ・ネプギア・大人ネプ、そして零次元の味方モンスター達との絡みが多い。
※ちなみに零次元では人間は誰一人と生存しておらず、ネプテューヌ達が迷い込む前の零次元の住民は、スライヌやひよこ虫と言ったうずめに味方するモンスターばかりであり、他の零次元の存在はうずめ達と敵対する凶暴なモンスターと零次元を滅亡寸前にまで追いやった元凶でありモンスター達の親分であるダークメガミぐらいのものであった。

なお、前述のうずめに味方するモンスター達は比較的非力で温厚な性格をしており、うずめに守ってもらう事で身の安全を確保している。うずめは彼らを守る為日夜懸命に戦っており、モンスター達も彼女に恩義を感じており、自分達の出来る範囲で彼女の助けになろうとしている。

なお親しい者の事をあだ名で呼ぶ事が多く(海男除く)、ネプテューヌを「ねぷっち」、ネプギアを「ぎあっち」、大人ネプを「でっかいねぷっち」と呼んでいる。
(ネプギアはあだ名で呼ばれることが今までなかったので、とても嬉しがっていた)

ちなみに作品の性質上明言はされていないが、「天王星」という名前、パーソナルカラーがオレンジであること、また衣服のあちこちに見られる渦巻状のマークから、モデルとなっているのはドリームキャストであると思われる。

彼女の謎

実は彼女は記憶喪失であり、自身の治めていた国の名前やそこでどんな暮らしをしていたのかといった自身の過去についての記憶のほとんどを失ってしまっている。そして「零次元編」のストーリーが進んでいく内に零次元の過去の出来事を記したデータがいくつか発見されるようになったが、所々文章が欠損している上にどうやら僅かに窺えるその内容もあまり穏やかな物とは言えないようで…。

その実態

実は彼女こそが超次元のプラネテューヌの元守護女神であり、詰まる所ネプテューヌとネプギアの先輩である。しかもmk2 Re;birth2に登場して主人公たちに打倒犯罪神のヒントを与えた過去の守護女神「ウラヌス」より前の女神であることが判明した。ちなみにプラネテューヌの代々の女神と共に過ごしてきたイストワールとも交流があったことも本編で語られている。

うずめが女神として活躍していた頃は、青年と一緒に草の根運動をしたり、イストワールの帽子がうずめのプロセッサユニットのヘッドパーツとデザインがお揃いであることに喜んでいたりするなどの描写が見られた。彼女に対して「ダッセー」と言う子供もいるが、その人からゲーム機を買ってもらうなど、人望はかなり厚かった。
また、上記の性格の変化もあってか、うずめが復活した際にイストワールからはそれについて驚いていた。

彼女は「妄想を現実にする能力」を持っており、それが全ての発端だった。その能力は文字通り彼女の願望を具現化する力であり名前を聞く限りだとチート級の能力に聞こえるが、世界の因果律を捻じ曲げる程の力は無い上に色々と制約のある難しい能力である。
(零次元編ではうずめの「プリンの材料が欲しい」と言う彼女の妄想が具現化して崩壊した百貨店跡や味方モンスターから材料が都合良く入手できた)

しかし彼女の能力は使い方によっては恐ろしい結果を生み出す能力でもあり、彼女を恐れ疎ましく思う国民もおり、時が経つにつれて彼女は次第に国民から疎まれてゆき、遂には彼女を暗殺しようとする者まで出始めてしまった。イストワールら教会の人々も力の制御を行おうと図るも出来なかった。
そして、最終的にうずめはイストワールに己の封印を依頼し、うずめは教会の地下でゲーム機の中に封印されることに。
以上の出来事を経てプラネテューヌの国民が新たに求め誕生した女神こそ、ウラヌスであった。

ただし、妄想癖が仇となり思い込みの激しいうずめは「自分さえいなければ」という思い込みから、彼女の心の闇が具現化。その心の闇こそ、VⅡ全編を通じての黒幕暗黒星くろめであり、くろめから分離したシェアエネルギーを糧とする彼女の良心の部分こそが今作で味方となった「天王星うずめ」である。うずめの記憶が無いのも、くろめがその部分の記憶を持っているからである。(くろめについては彼女本人の記事を参照)

なお、くろめはうずめ本体がネガティブエネルギーを吸収した影響で誕生しており、本体と強くリンクしているが、うずめの良心の部分=劇中のうずめは後付けで生まれたらしく、くろめはうずめに対して「絞りカス」と呼んでいる。

彼女の復活

ダークオレンジ戦後、うずめはネプギアに巨大なシェアクリスタル(うずめ本体の中核部分であり、打ち砕かれるとうずめは消えてしまい本体は死ぬ)を打ち砕くように指示。ネプギアは躊躇しつつもネプテューヌと一緒に破壊。くろめの置き土産によりモンスターの大群を呼ぶが、うずめはただ1人で戦うことになる。(成仏エンドではそこでうずめは死亡して零・心次元は消えてしまう)

その後、うずめを放っておけなかったネプテューヌ姉妹・大人ネプはうずめを連れ戻しに行こうと心次元へ。うずめを連れ戻しアフィモウジャス将軍の用意した戦艦で脱却を図ろうとするが、そこで消滅したはずのくろめを発見。そのまま追いかけダークオレンジとの2回目の戦闘となる。

終盤、イストワールはうずめの蘇生及び復活を計画。本体の封印されているゲーム機やその周辺機器、そしてうずめから別れる際にネプギアが彼女から形見として貰ったヴィジュアルラジオを接続。
あくまでイストワールの願望が強く出ているのもあって、本体に強く影響されている悪い人格=くろめの人格が復活する確率が高いが、ヴィジュアルラジオがあれば成功率を高められるという。

イストワールがうずめの復活を図る途中、それを聞いたうずめ&くろめはお互いの生存を賭けるべく一騎打ち。
くろめは足掻こうとするが、海男からくろめを受け入れる事(=くろめと一緒になり、本来のうずめ1人となる)をうずめに指示。それを聞いたうずめは承諾し、くろめとの一騎打ちに勝利、そのまま2人の人格が融合して、うずめの人格で復活することに成功。

全ての決着が付いた後、うずめは大人ネプと一緒に超次元の各地を旅する描写が見られた。文化が進化していることや、時代が経って尚うずめの事を覚えている人がいることに大変喜んでいた。

余談

2015年に発売のプレイステーション・ヴィータ用ソフト、『激次元タッグブラン+ネプテューヌVSゾンビ軍団』『超次元大戦ネプテューヌVSセガ☆ハードガールズ夢の合体スペシャル』にも登場した。非常に特殊な性質を持つ彼女だが、VⅡ本編とは違って

  • ネプテューヌやネプギアの先代女神ではない(VSセハガールに至っては、うずめ自身が後輩女神となっている)
  • 本来の性格である妄想癖な部分が見られるシーンが存在していない(激ブラのみ)
  • くろめを意識している部分は見られず、海男の存在もほのめかすのみ(後者は激ブラのみ)
と言った違いがある。

関連イラスト

天王星うずめ
くろめ&うずめ



関連タグ

新次元ゲイムネプテューヌVⅡ オレンジハート
赤髪 オレっ娘 ツインテール
海男(ネプテューヌ) ネプテューヌ ネプギア イストワール(ネプテューヌ)
暗黒星くろめ
激次元タッグブラン+ネプテューヌVSゾンビ軍団 
超次元大戦ネプテューヌVSセガ☆ハードガールズ夢の合体スペシャル

ロベルト・ハイドン:似たような能力
ソノウソホント アトカラホント:要領は違うが望んだことを実現してしまうひみつ道具
ツネミ:同じくメガホンを武器とするキャラ

関連記事

親記事

新次元ゲイムネプテューヌVⅡ しんじげんげいむねぷてゅーぬびくとりーつー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「天王星うずめ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1939415

コメント