ピクシブ百科事典

冥界女王メデューサ

めいかいじょおうめでゅーさ

冥界女王メデューサとは、『光神話 パルテナの鏡』シリーズに登場する悪役である。

概要

CV:進藤尚美(新・光神話パルテナの鏡)
『光神話 パルテナの鏡』シリーズの悪役。元々はパルテナと対なる力を持つ闇の女神で、二人で世界を統治していたのだが、人間嫌いだったため人々を石にして砕くなど人々に酷い仕打ちをしてパルテナの怒りを買い、ヘビになった髪の毛と緑色の肌で巨大な一つ目の顔をした醜い姿に変えられ冥府界に追放される。そのことを逆恨みして、冥府界の怪物を部下にして「冥府軍」を結成し、天上から三種の神器を強奪したり女神パルテナを幽閉したりして天空界を攻め落とした。しかし、パルテナによって助け出された親衛隊長ピットによって倒された。
25年ぶりに復活を果たし、再び冥府軍の魔物たちを支配下において「冥府軍」を再編、パルテナとピットへの復讐を誓い侵攻を開始する。外見は魔力によって表面だけ取り繕っただけとはいえ、不気味な青白い肌とヘビになった頭髪を持った美しい顔立ちの女性になっている。本気を出す際は一作目と同様の、一つ目にヘビの髪と皮膚を持つ巨大な頭部だけの姿となる。

見た目や声から冷酷な魔女といった印象を受けるが
ピットのおとぼけに「いや、そういう事ではなくてだな…」と突っ込んだり
ピットを待ち構える際に「我ながら待ち焦がれる乙女のようだ」と発言する等
意外と会話に絡んで構ってくる事や冗談も言ったりする。


ちなみに、彼女はラスボスではないため、彼女を倒しても物語は続く。
横乳

関連タグ

光神話・パルテナの鏡 新・光神話パルテナの鏡 悪役 冥府神ハデス

pixivに投稿された作品 pixivで「冥界女王メデューサ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11417

コメント