ピクシブ百科事典

光神話・パルテナの鏡

ひかりしんわぱるてなのかがみ

「光神話・パルテナの鏡」とは、1986年に任天堂が発売した、ファミリーコンピュータ ディスクシステム専用ゲームソフト、及びシリーズ作品である。
目次[非表示]

pixivのタグには「パルテナの鏡」が多く使われる。

概要

1986年に発売された任天堂のアクションゲーム
主人公の飛べない天使ピットを操って弓矢で敵を撃ちまくるというものだが、残機制度がない、三種の神器を取り戻せないと飛べないという特性上足場がギリギリですぐ落下するなど難易度が初期「ゼルダの伝説」に並ぶほど非常に高いことから「横スクロールのゼルダ」と言われている。また話自体はシリアスだが顔がナスビになったりどう見ても洋風の世界観なのに店員が関西弁で話しかけてきたりゲームオーバー時が「ヤラレチャッタ」という脱力的なものだったりと、コミカル要素は知る人の間ではかなり有名。

主人公ピット大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ3作目「大乱闘スマッシュブラザーズX」および4作目「大乱闘スマッシュブラザーズ3DS / WiiU」にファイターとして参戦。また女神パルテナは同ゲームアドベンチャーモード「亜空の使者」とピットの「最後の切りふだ」に於いて出演し、4作目の「3DS/WiiU」にて遂にファイターとして参戦した。

国外ではNES用のソフトとして「Kid Icarus」のタイトルで発売されており、続編も登場している。

2010年度6月のE3において2作目(北米では3作目)である、桜井政博率いる「プロジェクトソラ」が開発するニンテンドー3DS専用ソフト「新・光神話パルテナの鏡」が第1作発売以来25年ぶりに発表された(リメイクではなく本当に25年後を描いた続編)。

あらすじ

遥かな大昔、平和な世界「エンジェランド」は光の女神パルテナと闇の女神メデューサが支配しておりました。しかしメデューサは人間をいじめていたため、パルテナにより「冥府界」に追放されてしまいました。
怒ったメデューサは冥府の怪物を従えてエンジェランドに攻め込み、兵士は石に変えられ、パルテナも捕まってしまいます。メデューサに奪われた「三種の神器」を取り戻すため、パルテナは最後の力を振り絞って親衛隊長のピットを脱出させました。かくしてピットは三種の神器を奪い返すため、たった一人で冥府軍に戦いを挑むのでした。

関連イラスト

スマブラへの参戦をきっかけに知名度の上がった作品であるため、スマブラ仕様で描かれているものが多い。

パルテナの鏡
ピットきゅんとパルテナ様
お誕生日おめでとうございます!!



関連タグ

ピット パルテナ ナス ヤラレチャッタ 大乱闘スマッシュブラザーズX
パルテナの鏡 光神話パルテナの鏡 光神話

関連記事

親記事

任天堂 にんてんどう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「光神話・パルテナの鏡」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 385251

コメント