ピクシブ百科事典

イカロス

いかろす

イカロスとは、ギリシャ神話の登場人物。また、それを由来とするキャラクター・機械などの呼称。
目次[非表示]

ギリシャ神話

クレタ島の名工ダイダロスと女奴隷ナウクラテーの息子。
怪物ミノタウロスを閉じ込める迷宮を作ったダイダロスは、後に英雄テセウスがミノタウロスを殺した際にあっさり迷宮を脱出したことで、仕えていたミーノス王の不興を買い、親子ともに塔に幽閉された。しかし、牢獄の周りにミツバチの巣があり、更に鳥が窓の近くによく飛んでくることを知った2人は、拾い集めた羽根で固めた仮ので空を飛び脱出を試みる…根気強すぎだ。

ダイダロスは飛び立つ前に
「蝋が湿気で崩れないよう低く飛んで海に近づきすぎてはいけない」
「蝋が太陽の熱で溶けないよう高く飛び過ぎてはいけない」
とイカロスに忠告していたが、自由自在に空を飛べることに慢心したイカロスは、父の忠告を忘れて太陽に接近、蝋が溶けて墜落死してしまった。彼が落ちた海はイカリア海と呼ばれ、死体の流れ着いた島はイカリア島と呼ばれるようになった…という。

元々は人間と技術の「過信」「傲慢」「身の程知らず」を戒めるための物語。

一方で、人が知恵と勇気を駆使して空を飛んだという印象的なエピソードから
「空を飛ぶことに挑戦した勇気ある先駆者の物語」
として捉えられることもある。

そのおかげで、現在では空を飛ぶことに関連したモノやキャラクターに「イカロス」の名前が与えられることが多い。

誘導分岐

VF-2JA イカロス


VF-2JA イカロス。大気圏内専用の可変戦闘機となっている。VF-2SSバルキリーIIと同じVF-2となっているが外見や変形機構等は全くの別物となっている。ファイター、バトロイドはVF-1に似た外見となっているが、ガウォーク形態では主翼基部が折りたたまれ、前進翼になる。大気圏内専用のために推進剤を追加するスーパーパックのようなものはないが、ミサイルを内臓したミサイルポッドが搭載される。

  • 「ADVANCE OF Z ティターンズの旗のもとに」に登場する追加装備・イカロスユニット
RX-121-1 ヘイズル改の特殊装備。Z時代の変形機体は重力下での飛行を可能としたが、その滞空時間は十分ではなかった。そこで、サブフライトシステムや変形といったものを用いないMSの飛行手段を模索した追加装備。機体前面ユニット、肩部増加ユニット、リア・スラスター・ユニットから構成され、前身の追加武装に装備したジェネレーターとスラスターにより無理矢理機体を浮かせ、飛行する。MS時の手持ち火器を用いることが可能で、ビームリフレクターを機体前面に搭載する。外見は「厚着をしたヘイズル」と言った印象。イカロスユニットの戦闘データが、後にバイアランの開発に生かされることになる。

関連タグ

ギリシャ神話

pixivに投稿された作品 pixivで「イカロス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2694109

コメント