ピクシブ百科事典

ユーノー

ゆのー

ユーノー、ユノーとはローマ神話に登場する女神。最高神ユピテルの妻。

概要

英語ではジューノウ、ジュノー (Juno)、フランス語ではジュノン (Junon)と呼ぶ。

結婚出産をつかさどる最上位の女神孔雀をシンボルとする。
古代ローマにおいてカピトリヌスの丘に建てられた「ユピテル・オプティムス・マキシムス、ユーノー、ミネルウァ神殿」に夫神ユピテルミネルヴァと並んで祀られた。
この三神はローマの国家神とされた。

6月の女神であり、英語で6月を意味するJune( ジューン]])は彼女の神名が由来。
木星ジュピター)の由来になった夫と異なり、彼女の名は太陽系の惑星には用いられなかったが、
1804年に発見された小惑星帯小惑星にはジュノーの名がつけられた。

ギリシャ神話が取り入れられると、ゼウスの妻ヘラと習合した。

関連タグ

我妻由乃 名前の由来はユーノーだが、内面はヘラ寄りである。
アインハンダー 隠し武器の一つに「JUNO」の名が付けられている。
JUNON ジュノンボーイ ジューンブライド
女教皇タロット大アルカナ)一部の版ではユーノーに差し替えられている。

pixivに投稿された作品 pixivで「ユーノー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 769

コメント