ピクシブ百科事典

カーラネミ

かーらねみ

カレンダーの語源となったとされるインドの聖典にその名が記されている星を司る女神。

概要

インドの太古の聖典ヴェーダ”にその名が記載されている女神
長音を省略してカラミネとも表記される場合もある。

その名は“時の輪の外輪”、“天球の外輪”、或いは“黒い森”を意味しているとされ、時代によっては蛇神ナーガや人肉を喰う、或いは西南の護法善神であり毘沙門天の眷族とされる羅刹の1人とされていたという。

また、ローマでは星の車輪を司る黄道を司る女神とされ、カレンダーの語源になったとされている。

関連項目

インド神話 女神

関連記事

親記事

女神 めがみ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「カーラネミ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6

コメント