ピクシブ百科事典

ホワイト・バッファロー・カーフ・ウーマン

ほわいとばっふぁろーかーふうーまん

ネイティブアメリカン・スー族に伝わる“もっとも力を持つ存在”とされる女神。

概要

ネイティブアメリカン・スー族に伝わる伝承に登場する神の化身
その名は“白いバッファーローの仔牛の女”という意味とされる。

口伝によれば、はるか昔、大洪水が起きてから間もない頃、人々が創造主の事もバッファローの教えも忘れて奢り高ぶり、互いを支配しようとして自分の力量以上の存在になろうとして傍若無人に振る舞い続けた。

その結果、沢山いたバッファローたちは姿を消してしまい、人々は日々を餓え泣き暮らす生活を送っていたが、ある日“偉大なる聖霊(グレート・スピリット)”の使いとして、両頬に赤い丸のペイントを施し、ヤマアラシのトゲで見事な刺繍が施された美しい白色のバックスキンを身に纏った、黒髪の左側の一房をバッファローの毛皮で一つに束ねた黒い瞳の美しい女性の姿で現れると、“偉大なる聖霊(グレート・スピリット)”と人間とを繋ぐことの出来る“聖なるチャヌバ(パイプ)”と7つの聖なる儀式を授け、他人や自然を尊重する正しい生き方や祈りの方法などの数々の教えを授けたとされている。

関連項目

女神

関連記事

親記事

女神 めがみ

兄弟記事

コメント