ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ギリシャ神話に登場する預言と信託の女神。日本語では長母音を省略してポイベとも表記される。

ウーラノスガイアの娘にしてティターン十二神の一柱で、その名は“輝き”、“預言”を意味するとされており、オケアノスコイオスクレイオスヒュペリオンイアペトスクロノステイアーレアーテミスムネーモシュネーテテュスとは兄弟の関係とされる。

また、コイオスの妻で、レートーアステリア姉妹の母親でもあり、アポロンアルテミスヘカテーの祖母でもある。

一説では母ガイア、テミスに次いでデルポイの神託所の三番目の管理者となり、後にその地位を孫のアポロンに譲ったとされている。

余談

彼女以外にもヘリオスレダレウキッポスの娘のそれぞれに同名のニュンペー及び人物がいる。

また、孫娘のアルテミスの呼称として用いられる場合もある。

関連項目

女神 ギリシャ神話

関連記事

親記事

ギリシャ神話 ぎりしゃしんわ

兄弟記事

コメント