ピクシブ百科事典

アシェラト

あしぇらと

アシェラト様とは古代において主にフェニキア人に崇拝されていた女神である。(イラストは真・女神転生ストレンジジャーニーのもの)
目次[非表示]

概要

ウガリット神話などに登場する西アジアの女神。神々の女王とされる。
元々シュメールにおいては天界の王アンの子マルトゥ(アムル)の配偶者であり、高位の神格とされていた。
ウガリットにおいては最高神イルの妻であり、神々の母とされる。アーシラトとは 海を行く貴婦人(rbt aṯrt ym rabbatu ’āṯiratu yamma])の略称で、神話には実際に彼女が海辺に暮らしている事が語られている。
別の呼称として 神々の生みの親(qnyt ilm qāniyatu ’ilīma] 直訳すると『神々の創造神』)がある。またイラト(ilt ’ilatu])とも呼ばれるが、これは本来「イル」の女性形で、普通名詞としては「女神」の意味。しかし、女神の中の女神としてのアーシラトを指す言葉として、固有名詞的に用いられる。また、このイラトという名はアラビアの女神アッラートの名と語源を同じくする。
旧約聖書にも異教の偶像神として登場し、ヘブライ語形アシェラ(אֲשֵׁרָה ’Ă šērāh])の名で現れる。カナンでは豊穣神バアルの妻とされ、豊穣の女神として崇められた。ヘブライ人たちは当初この女神を敵視したが(出エジプト記第34章第13節)、カナンの地に入植すると自らも崇め始め(士師記第3章第7節ほか)、聖なる高台と呼ばれるカナン式の礼拝所で祀った。
彼女は、森林地帯では枝を落としてまっすぐにした常緑樹を依代として祀られていた。これは生命力の象徴としての常緑樹信仰に基づくものである。また、木の生えない荒れ地などでは代わりに杭を依代としていた。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A9%E3%83%88」より作成

ゲームにおけるアシェラト様

真・女神転生ストレンジジャーニーにおいて初めて登場した。
豊穣の女神としての性格が強調され、地母神に分類されている。
ファミ通において発売に先駆けてそのお姿が公開され話題となった。
フォルナクスを支配する4体の再生悪魔
(モロク ミスラ オルクス アシェラト様)の中では1番のカリスマ性とけしからん肉体から、
主にマザコン巨乳好きに分類される紳士達の信仰を集めている。

アスラ絶対神に貶められる前の姿だそうだが、
阿修羅とはゾロアスター教の最高神アフラマスダがヒンドゥー教に取り込まれた結果邪神となったものである。
何故アスラの真の姿がアフラマスダではなくアシェラト様になったかは謎のままである。

あすらと



実は偽典・女神転生にも地母神アシラトとして登場しており、高威力の魔法スキルや『女神の微笑み』で確実に魅了を付着させてくるなど作中でもかなりの強敵である。

関連タグ

真・女神転生 ストレンジジャーニー アスラ

pixivに投稿された作品 pixivで「アシェラト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 99515

コメント