ピクシブ百科事典

モリアン

もりあん

NEXONが運営するオンラインゲーム、マビノギに登場するキャラクター。
目次[非表示]

概要

マビノギのキャラクター。
作中でプレイすることのできる一連のストーリーになったクエスト、メインストリームにおいて
度々登場し、プレイヤーと一番顔を合わせることとなる女神。
慈愛と復讐を司る女神であり、人間の守護者とされている。
女神ネヴァン、女神マハとは姉妹であり、ネヴァンの姉である。

長い黒髪、黒い翼、穏やかな口調、鎖で繋がれた腕、閉じられた目、豊満な胸…と、
神秘的で穏やかな印象を与える女神だが、それはあくまで慈愛の女神としての姿である。
復讐の女神としての面が明らかになる時、腕を繋ぐ鎖は引きちぎられ、閉じられていた目が見開かれる。
こちらの姿は開眼モリアンとも呼ばれることがある。

エリンに存在するNPCの間ではお伽話に登場する神のように思われている部分があり、
ウルラ大陸で盛んなライミラク教団のように大々的な信仰施設が存在するわけではない。
しかし、人々の中には依然として彼女が人間の守護者であり、復讐者へ加護を与えると
信じている者もおり、特に戦士や復讐を試みる人間がその名を口にすることがある。

元ネタはケルト神話女神モリガンモリグーとも言う。
その名は「大いなる女王」を意味し、カンムリドリ(またはカラス)の姿で戦場を舞うといわれる。

また、日本のサーバーの一つとしても採用されており、「盛、森鯖 女神鯖」などとも。
<◯><◯>

女神モリアンの伝説

かつてポウォール(魔族)との戦い、第一次モイトゥラ戦争においてポウォールに追い込まれた
人間たちを救うため、ポウォールたちを地下要塞に封印した。
しかし、代償としてエリンでの肉体を失ってしまう。

プレイヤーたちが入ることのできるダンジョンにポウォールがいるのはこのためで、
ダンジョンには必ず彼女の姿をかたどった石像が置かれ、封印されている。

ミレシアンとの関係

ミレシアン(プレイヤー)の夢に登場し、ミレシアンの手によって救出されて以来
ミレシアンのことを信用し、手駒として用いるようになる。

その後、伝説の光の騎士になったミレシアンに世界を救うのを丸投げしたり、
挙句の果てにポウォールが人間界侵攻のために復活させた神より強いと評判の
ドラゴンと一緒に結界の中に閉じ込めたりとやりたい放題である。
(このドラゴンは石像から作られた偽物で事なきを得るのだが、
 このことが原因でモリアンと袂を分かったプレイヤーがなるのがダークナイトである)

また、その後影世界と呼ばれる平行世界でのポウォールとの戦いで英雄となり、
半神化により神の力を手に入れ、伝説の武器ブリューナクとの融合も果たした
ミレシアンに対しては「危険過ぎる」と危機感を露わにし、神の王ヌアザに誘われるまま
ホイホイと無責任に神になろうとするミレシアンにお説教するために現れる。
このヌアザと対決することになった彼女は結局ミレシアンの力を借りてヌアザを封印することに
成功するが、そのためとは言え更なる力をミレシアンに与えてしまう。

しかし、ミレシアンは以外にも暴走せず人の心を保っていたため、名実ともにエリンの英雄となった
ミレシアンがエリンに帰っていくのを静かに見守っていた。

…と思ったら、ある日いきなり前述の開眼マジギレ状態でミレシアンの夢に現れ、
「シェイクスピアを捕まえろ」という指示を出してきて多くのプレイヤーを驚かせた。
ここからミレシアンはエリンに現れたシェイクスピアの痕跡を追い、
演劇舞台の世界エイヴォンや彼の残したものをたどっていくこととなる。

キホールとの対立と過去

メインストリーム再序盤から登場する魔神キホールとの対立が徹底して描かれており、
人間側のモリアン、ポウォールのキホールという格好が長らく続いていたが、
上述のシェイクスピアをめぐる一連のストーリーでやっとその理由が語られた。

元々モリアンとキホールは人間の少女と少年で、友達であった。
ある日、空を飛んで遊んでいた二人は空に大穴が開いているのを見つけた。
この大穴を皆に知らせ、すぐに塞ぐことを提案したキホール少年に対し、
モリアンは二人だけの秘密にしておこうと頑なに言い張って譲らなかったため、
結局二人の意見の間をとってそこにはソウルストリームと呼ばれる門を作ることとなった。

ソウルストリームは現世とエリンを繋ぐ場所であり、ミレシアンはここに漂う魂から生まれる。
しかし、このソウルストリームには重大な副作用があり、ミレシアンを出現させればさせるほど、
そしてそのミレシアンたちが力を増せば増すほどエリンを崩壊させてしまう欠陥品であった。

キホールはこれに対して「自分の手で責任をとるべき」と考え、前述する異世界の住民である
ミレシアンを手駒として使うモリアンを「世界を崩壊させる原因を使って世界を救おうとする」
という矛盾を指摘し、執拗にこのソウルストリームを破壊して事を収めようとしていた。
また、その手順にポウォールの手によって人間を滅ぼす事も含まれていたため
モリアンとの対立も決定的なものとなってしまう。

その対立はメインストリームを通して進み、モリアンの側に付いたミレシアンに対して
皮肉にもモリアンではなくキホールの口から真実が告げられることとなる。

ミレシアンとの対立

神をも凌ぐ力を得たミレシアンであるプレイヤーやシェイクスピアが自分の
コントロールを離れ、身勝手な振る舞いをすることに危機感を抱いたモリアンは
最終的にはミレシアンたちを抹殺することを決意する。
(事実として、プレイヤー操るミレシアンは既に神を凌ぐどころか神をも超える力を持ち
 ともすれば世界を滅ぼしかねない危険な存在となっていた。)

上述でキホールが指摘している通り、さんざんミレシアンを自分の代理闘士として頼っておいて
いざコントロール不能になったら抹殺し封印しようとするといういささか横暴な点から、
プレイヤーには「一番の悪党である」とされることもある。

時同じくしてエイリフ王国の王座を簒奪し、暴政をふるい、アンデッドモンスターを使役していた
ルー・ラバダがミレシアンらの手によって討たれるもベラがその凶刃に倒れてしまう。
ベラは死の間際、自らの体内に世界に満ちた破壊と憎悪のエネルギーを吸収し、
自分の力と相殺させることで消滅させ、エリンの崩壊は当分防がれることとなった。
恋人であったベラを失ったシェイクスピアも、モリアンへの憎悪を露わにしつつ
無事もとの世界へと送り届けられ、エリンにまかれた火種はすべて収まることとなった。

これにより、モリアンは手段こそ変わったが当座の目的であったエリンの崩壊阻止を達成した。
つまりミレシアン(プレイヤー)やミレシアン族を抹殺する必要もなくなり、
「エリンに危機が訪れない限り」という条件付きではあるが、神の力を持つミレシアンに
エリンの未来を託し、隠居すると言い残してエリンを後にした。
その際、キホールと一緒にいるため、二人で共に世界を見守っていると予想され、
キホールとの関係も目的の達成により修復されたものと思われる。


以上のようにわがままで身勝手な面もあり、さんざんプレイヤーを振り回してくれる女神ではあるが、
プレイヤーの中には「それでも一向に構わん」むしろそっちのほうがという人も
少なくないなど、マビノギに登場するNPCの中では間違いなくトップクラスの人気キャラクターである。

ゲーム内において、同じ黒い翼を背中に持ち、彼女の代理闘士(チャンピオン)を名乗るのは
パラディンを最終段階まで極めた者の特権である。

関連スキル

ミレシアンが彼女を支持している間かつ半神化中のみという使用条件があるが、
ミレシアンに対しては力の一部を貸してくれる。

一つ目のスキルである「イクリプスウィング」は発動すると彼女の化身でもある無数の烏が
使用者の体を覆い隠し、ほぼすべてのダメージを遮断する最強クラスの防御スキル。
二つ目のスキルである「レイジオブウィングス」は同じく無数の烏が対象へと飛んでいき、
まとわりついて多段攻撃を仕掛けた後爆発して周囲にもダメージを与えるというもの。
人間を守る慈愛の神としての側面と、敵に報復を与える復讐の女神としての側面を表したスキルである。

関連イラスト

モリアン
モリアン
【マビノギ】モリアン
偽りの休息
『マビノギ』 モリアン
茉莉安的主要技能是540度迴轉踢(X)
バイヴの女神
マビノギ



関連リンク


関連タグ

マビノギ mabinogi ナオ ナオ・マリオッタ・ブラデイリ
ネヴァン 女神

pixivに投稿された作品 pixivで「モリアン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 673213

コメント