ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ウルド

うるど

北欧神話において過去を司る神様。ここでは、『ああっ女神さまっ』の登場人物について記載する。
目次 [非表示]

プロフィール編集

身長170cm
スリーサイズB 90 W 60 H 91
バストサイズFカップ

  1. 北欧神話において過去を司る神⇒ウルズを参照。
  2. ああっ女神さまっ』の登場人物。1に由来
  3. ヴァルキリーコネクト』の登場人物。1に由来⇒ウルド(ヴァルキリーコネクト)

『ああっ女神様っ』のウルド編集

CV:冬馬由美、ドラマCD:松井菜桜子


ああっ女神さまっ』の登場人物。スピンオフ作品『ああっ女神さまっ小っちゃいって事は便利だねっ』にも登場する。ベルダンディースクルドの姉。


森里螢一とベルダンディーの仲がなかなか進展しないことにヤキモキし、発破をかけるためにやってきたが、工作が空回りした末に失敗。その上、無断で地上に降りたペナルティとして、しばらく天界に帰れなくなり、螢一たちの下宿に転がり込むことになる。


非常に享楽的な性格で、興味のないものは歯牙にもかけないが、逆に興味を持ったものには徹底してこだわり、度が過ぎると当初の目的すら忘れてしまうことがある。趣味はあやしいクスリの精製とテレビ鑑賞(ドラマ版「名探偵ホームズ」が好みらしい)。

特にクスリの精製に関しては、その材料の在庫を毎回チェックするほど。

また、酒を好み(特に日本酒)、手っ取り早いエネルギー摂取の際には日本酒を瓶で開けている。

螢一の前には、アダルトげなビデオテープとともに現れた(正確には、妖しいテープが螢一の元に郵送され、それをデッキで再生したら、TVのモニターから出現した)。

また、ベルダンディーが鏡、スクルドが水面を用い移動できるように、TVのブラウン管またはモニターを用いての移動が可能。


女神としての力はベルダンディーをも上回るが、格は2級神という軽輩にとどまっている(正確には、2級神1種管理限定)。

これは、1級神に昇進すると「嘘をついてはいけない」などの様々な制約が課されることを嫌っているためであり、妹たちを守るのには身軽な方が都合がいいとして、昇進の機会を二度見送っている。

ちなみに限定であってもシステム管理に長けている事から、人間界で市販されているPCゲームの類はすぐに解けたりする。


実は純粋な神族ではなく、魔族とのハーフ。父親は妹達同様に神族の大天界長ティールだが、母親は魔界長ヒルド(魔族のトップ)。実母のヒルドとの関係は悪いわけではないが、微妙なものであるようで「おかあさん」と素直に呼べずにいる。

姉妹の中で自分だけ腹違いであること、半神半魔であることにコンプレックスを抱いていたが、様々な事件を経て、少しずつ自分の中で折り合いをつけていった。

しかし時には、この半魔の血筋を利用され、魔族として覚醒したり、魔族と神族に身体が分離したこともあった。


ベルダンディーとスクルドの事は、妹として大切に想っている。特にスクルドとは良い喧嘩相手といった感じで、TVのチャンネル権などしょうもない事で毎回争ってたりする(深刻な喧嘩の後では、スクルドへ好物のアイスを買って帰るほど)。この仲の良さは、ベルダンディーも羨むほど。

ベルダンディーに対しても、良き姉妹として互いに想っている。ただし、本気で怒ったベルダンディーの事は怖いらしい。


関連タグ編集

ああっ女神さまっ ああっ女神さまっ小っちゃいって事は便利だねっ

関連記事

親記事

ああっ女神さまっ ああっめがみさまっ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2910672

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました