ピクシブ百科事典

ユニ(ネプテューヌ)

ゆに

ユニとは、「超次元ゲイムネプテューヌmk2」に登場するキャラクター。
目次[非表示]

概要

CV:喜多村英梨(日本語版) サラ・アン・ウィリアムズ(英語版)

前作に登場したノワール同様ツンデレでありノワールの事は大好きなのだがその気持ちは上手く表現出来ない。

ノワールと比較される事が多かったためか姉に対して強いコンプレックスを持っている。しかし同時にそんな姉を目標にしていて隠れて血の滲むような努力をしているが努力を見られたくないためか人前では可愛く振る舞っている健気な子である。

ネプギアに対しては女神達と1人で墓場に向かったことから嫉妬しているようであるが、実際にネプギアと出会いネプギアの実力を認めている。しかしながら持ち前のツンデレっぷりが発揮して上手く気持ちを伝えられないのはノワールに対してのそれと一緒である。

女神候補生としてブラックシスターに変身することが出来るが、他のキャラクターと異なり変身すると胸などが小さくなり小型化しそれを悩みとしている。
なお勘違いされがちだが、数値上は変身前はネプギアとバスト1cm差であり、身長もユニの方が5cm低いため、比較すると別に小さくない……のだが、公式でもユニはより小さく、逆にネプギアは大きく描かれがちである。
なおVⅡの戦闘では下手したらノワール以上にこれでもかと言わんばかりに揺れる。

mk2の頃は割と鉄壁だったのだが、Vでジャンプが追加された結果、下降時に前は手で押さえるのだが、後ろは盛大に捲れ上がるというパンモロキャラになった。
またVⅡではジャンプしても下着を見せなくなった代わりに、シンボルアタックが変更されパンツ丸見えのハイキックとなり結局パンモロキャラのままであった。

姉であるノワールがPS3をモチーフとしているキャラだと思われるため、おそらくモチーフはPSPであろう。
(「ユニ(Uni)」自体は英語で「一つの」を表す接頭語だが、PSPのソフトはユニバーサル・メディア・ディスクで構成されている)
なおRe;Birth1ではPSVitaを指して「プレイヤーが握っているのはアタシなんだから」という発言をしている。(各種移植版でも台詞がそのままなのはスルーする方向で)

ちなみにVⅡでは、ノワールの白昼夢イベントでラステイションの先代女神らしき人物が登場しているが、ユニ以前のラステイションの女神候補生は存在していなかった模様。
また同作ではネプギアが4女神メインという宣伝に反して全キャラでも屈指の活躍をする事もあり、彼女もそれこそネプテューヌ以外の女神3人、場合によってはネプギアよりも遥かに出番や見せ場が多くなっている。(同じく候補生のロムラムは特にそうでもない)
具体的には女神3人は個別ルートでのゴールドサァドとの和解、ネクストフォーム化というイベントが終わると、碌に見せ場がなくなるのに対して、ユニはステマックスとの友情から始まり、それに伴うアフィモウジャスの味方化、ネプギアへの随所での叱咤激励、マジェコンヌとの決着(ユニ以外はうずめ、ネプギア、大ネプ以外全員不参加)、くろめへ啖呵を切りゲーム機を奪う隙を作る(他のメンバー7人はすることが一切ない)等、うずめ、ネプギア、大ネプ、ネプテューヌに次ぐ心次元編最重要キャラの一人となっている

ネプテューヌシリーズ初の銃器主体のキャラクターである。その為か、無印で銃(拳銃)を使った4女神とアイエフの銃による攻撃が、mk2から無くなっている。

キャラクター情報

身長149cm
体重39kg
3サイズB77 W55 H81(Bカップ)


ピクシブにおけるユニ

ユニという名前のつく(或いはその語句を含む)キャラクターは他にも存在するため、これだけで検索すると聖獣とかMSとか、他の項目やイラストも数多く引っかかってしまう。
よって、このキャラクターのイラストを検索する際には「ユニ」と「ネプテューヌ」を併用して検索すると望ましい。
または「ブラックシスター」で検索するのも一つだろう。

また変身前のユニの姿のイラストはあまりなく大抵がブラックシスターのイラストである。

関連イラスト

ユニギア
プレステ姉妹



関連タグ

超次元ゲイムネプテューヌmk2
ブラックシスター
ノワール ネプギア
ブレイブ・ザ・ハード ステマックス
ツンデレ ゴスロリ ツーサイドアップ
ミスティックブラック
Peacock 英語版の声優が同一人物。様々な武器を使用するが、その中に拳銃も含まれている。

関連記事

親記事

超次元ゲイムネプテューヌmk2 ちょうじげんげいむねぷてゅーぬまーくつー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ユニ(ネプテューヌ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3000646

コメント