ピクシブ百科事典

アンピトリテ

あんぴとりて

ギリシャ神話内で最も母性に溢れた女神。
目次[非表示]

特徴

ポセイドンの妻であり、五十人のネレイドの中で一際美人な海の女神。例に漏れず巨乳である。
着飾らない謙虚な性格の持ち主で、同時にヘスティアと並ぶほどの慈愛心の持ち主でもある。そして同時に無類の子供好き。その愛情は自分とポセイドンとの子供のみならず、他人や他神の子供、果てはポセイドンが浮気して出来た子供まで、その愛情はとどまることを知らない。ポセイドンとの夫婦仲はとあるスーパーリア充な冥界夫婦に次いで良いとされる。

別名・表記ゆれ

またの名をアンピトリーテー、アンフィトリテ、アムピトリテ、アムピトリーテー
(Amphitrite, 現代ギリシャ語: Αμφιτρίτη) (アンピリトテは誤字か?)


神話

普段の結婚生活からは想像もできないが、結婚する前はポセイドンとは疎遠だった。というかポセイドンからは一目惚れされていたのだが、アムピトリテが軽い男性恐怖症みたいなもの(それとポセイドンが浮気性の怖い人だという噂を信じ込んでいた)だったのであまりお近づきになれていなかった。ポセイドンは何回デートを申し込んでも折れない彼女に最初の内は燃えていた(読み:萌えていた)が、次第に自分の心が折れていき最後には塞ぎ込んでしまう。ポセイドンが塞ぎ込んでしまったことにより海のバランスが崩れてしまう。これをなんとかすべくイルカの神デルフィンがポセイドンの相談に乗り、アムピトリテとの仲を仲裁することによってポセイドンがナイスガイであることを彼女に教え、最後にはポセイドンが彼女のハートを射止め見事結婚したのである。

その後は順調にポセイドンと愛を育んだとされ、無事にトリトンを産んだ。

溢れる慈愛の精神

前述した通り、彼女は海よりも深く山よりも高く空よりも広い慈愛の心の持ち主である。ポセイドンが愛人と交わり成した異母の子供であるテセウスを手厚くもてなし、プレゼントまであげるなど他者の子供に対しても優しい(え?ヘラ?知らないなあ誰それ)。

関連タグ

ギリシャ神話

pixivに投稿された作品 pixivで「アンピトリテ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1755

コメント