ピクシブ百科事典

目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. 神話伝説に登場する超常的存在。
  2. 萩尾望都による漫画、それを原作とした演劇。→半神(萩尾望都)舞台半神


概要

と他の種族とのハーフである。半神の片親は人間であることが多い。
ワルキューレニュンペーのように神性は持っているが、高位の神々ほどでない者も「半神」と呼ばれる。

「半」とは半分、つまり50パーセント、という意味であるが、神の血を引いていればギルガメッシュのように3分の1が人間、という人物も「半神」と呼ばれることがある。

イエス・キリストは100パーセント神であると同時に100パーセント人であるとされ「半神半人」ではない。
他宗教でいえば最高神ヴィシュヌの化身でありなおかつ人間の両親に生まれたクリシュナが近いと言える。

各神話の半神

ギリシャ神話

各民族の祖先や建国者、都市や地方の名祖とされるような人名はそのほとんどが半神である。
ヘラクレスアキレウスのような半神の英雄たちにあやかって自身の王家の祖先としたり、自分たちの住む町の名前の元となった人物を後付で生み出したうえで彼を神の子としたり、といった経緯が想像されるがこうした現象は世界各地で見られるものでもある。

以下はその一例である


ローマ神話

ローマ神話においてもギリシャ神話同様にローマの建国者であり名祖でもあるロムルスが軍神マルスとアルバ・ロンガの王女レア・シルウィアの息子されている。
またローマ人が自身らの祖としたアエネアスアイネイアス)も前記のように人と女神の子である。

この他ローマでは特に時代が下ると個人の神格化が行われており、このような神格化された人物の子供(実子、養子問わず)は「神の子」と称しうる。帝政期には先代のローマ皇帝に対して神格化を行いその息子である自身の権力を宗教的な面から正当化するという事例が多々見られるのだが、このような世襲した皇帝を「半神」と呼ぶことは通常ない。

北欧神話

巨人が多く登場する神話の特性上、半神が非常に多い。ただし、神と巨人のハーフであっても通常の神として扱われる人物も多い。(Fateシリーズではマグニやフェンリルが英霊の座に登録されている為、巨人との混血は半神というカテゴリーに入るようである。)



インド神話


ケルト神話


日本神話


朝鮮神話


メソポタミア神話


創作の半神


半神を主題とする作品


関連タグ

 混血 ハーフ

関連記事

親記事

神の子 かみのこ

pixivに投稿されたイラスト pixivで「半神」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「半神」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 89989

コメント