ピクシブ百科事典

白ボン

しろぼん

ハドソンから発売されているゲームシリーズ「ボンバーマン」の主人公。 ホワイトボンバーマンとも呼ばれる。
目次[非表示]

概要

出自は各作品によって異なっている。
・バンゲリング帝国の地下で働かされていた爆弾製造用ロボット(初代)
バグラーの姉であるボンバーマザーという人物が死んだ自分の息子に似せて造ったロボット(スパボン3)
・探検家インディボンバーの子孫(GB2)

また、
Bビーダマン爆外伝シリーズの主人公はしろボンを、
ボンバーマンジェッターズの主人公はシロボンをそれぞれ参照のこと。

爆弾をどこから出しているのか、頭についているアンテナのようなものは何なのかといったこともハッキリとはわかっていない。
一説では、爆弾はベルトから出し、頭のアンテナはソーラーエネルギーを取り込む装置と言われている(ハドソン監修『ボンバーマンマニアックス』で、開発者が語っている)が、『新ボンバーマン全百科』においてシリーズプロデューサーの藤原茂樹は「世界観を狭めず、ユーザーに想像の余地を与えた上で、各ユーザーの考えるボンバーマンの世界観を大事にしたいので、こちらからおしつける世界観は作らないようにしている」という旨の発言をしている。

一般的には「白ボン」と呼ばれているが、作品内では単に「ボンバーマン」と名乗ることや、呼ばれることが多い(『ボンバーマンストーリーDS』などの例外はある)。宿敵であるバグラーやムジョー、味方であるDr.アインやマックスからも「ボンバーマン」と呼ばれるため、作品内で「白ボン」と呼ぶのは黒ボンや小鉄などの一部のキャラクターに限られる。

任天堂の『大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL』では「ボンバーマン」名義でアシストフィギュアとして登場。
顔のデザインは旧作のものに近いが、『スーパーボンバーマンR』準拠でやや頭身が高くなっている。
おなじみの十字に爆発する爆弾でファイターをサポートする。時々パンチやキックで爆弾の位置をずらしてくるほか、リモコン爆弾を設置することもあり、これはボンバーマンに近づくと任意のタイミングで爆破される。
なお、爆風はボンバーマン自身も喰らってしまうため、基本的に逃げ回りながら爆弾を置く。
追加Miiファイターコスチューム 第7弾でコスチュームの1つとして追加され、他の色のボンバーマンにもカラーチェンジ出来る。


担当声優

  • 杉山佳寿子(テレビCM、スーパーボンバーマン3〜5、サターンボンバーマンなど多数)

ボンバーマンといえばこの声をイメージする人が多い。

なお、桑島氏は爆外伝しろボンを演じた。
なお、金田氏はジェッターズシロボンを演じることに
男性声優が白ボンの声を当てるのはシリーズ初。

関連タグ

ボンバーマン ビーダマン

黒ボン 青ボン 赤ボン 緑ボン ピンクボン

関連記事

親記事

ボンバーマン ぼんばーまん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「白ボン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 225533

コメント