ピクシブ百科事典

([∩∩])<死にたいらしいな

しにたいらしいな

ハドソンのN64専用ゲーム「爆ボンバーマン」に登場するラスボス・アルタイルの台詞で、ニコニコ動画における本作のTAS動画で付けられたコメントから派生したスラングの一つ。
目次[非表示]

概要

元ネタは爆ボンバーマンのラスボスであるアルタイルの登場時の台詞で、動画サイトニコニコ動画で展開された本作のTAS動画で付けられたコメントが初出。従って白ボンの台詞ではない。

理論上の最速を競うTASにおいては、その性質上、最終ボスであっても一方的に倒されるシーンはゲーム問わず決して珍しいものではない。

それが、本作に限ってこのようなネタが登場した理由として考えられる一因として、爆ボンバーマンという作品が「3D空間を自由に歩き回れる」上に「爆弾を積み上げて足場にするなど自由度が高い作風である」ことが挙げられる。
人並みはずれた腕前を持っているプレイヤーが操作すると、一般の正攻法で想定した動きとはかけ離れた、およそボンバーマンらしくない自由自在すぎる立ち回りを見せ、越えられないはずの地形をやすやすと越え、道なき道を爆弾ひとつで開拓するという一種の「超人」の様相を見せるため、ましてTASであれば、シリーズの他作品と比べても特異かつ独特の攻略風景になってゆく。

したがって、これまでの各ステージにおいて、その超人のごとき立ち回りを遺憾なく発揮しており、アルタイルの侵略基地であったはずの各地域を自分の庭のような感覚にて我が物顔で暴れつくす様相を見た視聴者は、「自分の知る爆ボンバーマンとあまりにも違い過ぎる光景」の前に、ただただ腹筋崩壊の真っ只中にあった。
また、本作は難易度がかなり高い作品でもあるため、通常のプレイで体験した苦戦とあまりにかけ離れ過ぎた、一種のトラウマブレイカーになっている点もかなり大きい。

そのような道中を経て戦うことになる相手であるラスボスは、言うまでもなく「変態的な攻撃を朝飯前で行う超人を前にして、如何にして効率的に散るか」という生贄となってしまった。転じて、苦難の末にたどりついたボンバーマンの前に現れて死刑宣告をするはずのラスボスの一言が、敵基地を我が物顔で暴れる「ボンバーマンの科白」というネタに繋がったものとみられる。

また、アルタイルは第二形態を持っているのだが、その変身時のセリフも同様に「遊びは終わりだ、殺してやるよ」であり、「死にたいらしいな」と同様にネタにされている。


関連タグ

ボンバーマン 爆ボンバーマン
ニコニコ動画 TAS

アルタイル(爆ボンバーマン)…発言者


外部リンク

([∩∩])<死にたいらしいなとは (ソレハアルタイルノセリフとは) [単語記事] - ニコニコ大百科

関連記事

親記事

子記事

pixivに投稿された作品 pixivで「([∩∩])<死にたいらしいな」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 960523

コメント