ピクシブ百科事典

([∩∩])<死にたいらしいな

しにたいらしいな

ハドソンのN64専用ゲーム「爆ボンバーマン」のTAS動画で付けられたコメントから発生したスラングの一つ。
目次[非表示]

概要

「無謀にも白ボンの前に立ちはだかってしまった敵に白ボンがかける言葉」として扱われるスラング。先頭の顔文字は白ボンを表す。

経緯

元ネタは「爆ボンバーマン」に登場する敵キャラクターアルタイルの登場時の台詞。それが動画サイトニコニコ動画に投稿された本作のあるTAS動画において、先頭の顔文字付きでコメントされた事が発祥である。従って本来は白ボンの言った台詞ではない。

その1コメントがスラング化するほどに人気を集めた理由としては、該当動画の内容が視聴者の常識からあまりにかけ離れ過ぎていた事が最大の要因である。

理論上の最速を競うTASというジャンルにおいては、一般的に難しいとされるステージやボスなどが易々とクリアされる展開になる事はその性質上珍しい事ではない。
それが本作においては、“3D空間を立体的に歩き回れる”事や“爆弾を積み上げて足場にする”という自由度が極めて高い特性が加わった事で、一般人では到底真似出来ないような、開発者の想定を度外視した超人的なプレイ内容へと変貌していったのである。
超えられないはずの地形を飛び越え、道の無い場所に爆弾一つで道を開拓してしまうという、もはやボンバーマンのゲームとは思えないほど型破りな立ち回りにより、同シリーズの他作品のTAS動画と比べても異質な攻略風景が展開されていった。

本作をプレイした事がある視聴者達はその、アルタイルの侵略基地であるはずの各ステージを自分の庭のように渡り歩き、ゴールに必要な手順や道筋を全く無視して突き進むボンバーマンの縦横無尽な進行を見て、「それはおかしい」「自分の知る爆ボンバーマンとあまりに違う」と抱腹絶倒。動画の再生数はうなぎのぼりとなった。

そしてそのようなゲームの仕様に完全に反した超人ボンバーマンの前に現れて上から目線な台詞を放つアルタイルは、視聴者からすればもはや命知らずとしか見えなくなっていた訳であり、アルタイルが言ってるはずの台詞が「ボンバーマンから放たれたもの」と解釈するのに何の違和感も無かったのである。

またアルタイルは第二形態移行時にも「遊びは終わりだ、殺してやるよ」と大物ぶった発言をしており、こちらもやはりボンバーマンが言っているものとしてネタにされている。


関連タグ

ボンバーマン 爆ボンバーマン
ニコニコ動画 TAS

アルタイル(爆ボンバーマン)…発言者


外部リンク

([∩∩])<死にたいらしいなとは (ソレハアルタイルノセリフとは) [単語記事] - ニコニコ大百科

関連記事

親記事

子記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「([∩∩])<死にたいらしいな」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1279603

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました