2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

邪剣ソウルエッジ

じゃけんそうるえっじ

邪剣ソウルエッジとは、ソウルシリーズのカギを握る二振りの剣の内の一本である。
目次[非表示]

概要

ソウルエッジ』に登場する武器。
手にした者に強大な力を与える伝説の剣だと噂されており、その剣を探し求める人間は後を絶たなかったが……


















































その正体

その正体は伝説の剣ではなく、使用者やその周辺の人間の魂を喰らう魔剣であった。
最初はただの剣に過ぎなかったが、多くの人間の血を吸う内に邪悪な意思を持つようになってしまった。
使用者に合わせて形態を変える性質を持つ。

ソウルエッジの軌跡

『ソウルエッジ』以前

古の時代、強靭な精神力で邪剣を制御した男が現れた。
彼の名は英雄王アルゴル

アルゴルはソウルエッジの力をもってして乱世を平定するが、彼に嫉妬した息子がソウルエッジに支配されてしまう。
息子をアルゴルは止めようとするが、邪剣の破壊と同時に息子は命を落としてしまった。

『ソウルエッジ』

セルバンテス


様々な人間の手に渡り、やがては大海賊セルバンテスの手に辿り着いた。彼の二刀流に合わせて二本の剣に形を変えている。
その後聖戦士ソフィーティアによって片方を破壊されるが、残ったもう片方をジークフリートという少年が手にしてしまい……

ソウルキャリバー』/『ソウルキャリバーⅥ

ナイトメア


ソウルエッジを手にしたジークフリートはナイトメアに変貌し、「イヴィルスパーム」が引き起こされてしまう。
その後ソウルエッジはアイヴィーなどの手駒を用意するが、それらを振り切ったキリクやシャンファが自分の元に現れる。
シャンファの持つ「霊剣ソウルキャリバー」によって破壊され、邪剣の暴走を抑える為に霊剣は邪気の満ちる空間に留まることとなった。

ソウルキャリバーⅡ

色つき内藤さん


邪剣が無くなったことで安息の日々が訪れたかに見えたが、破片となった邪剣は生きていた。
再び「ナイトメア」となったジークフリートの手によってそれらは集められ、刻一刻と邪剣の
復活の日は近づき、その日はやってきた。だが、そんな折に邪剣を求めてラファエルなる男が現れる。

ナイトメアは彼を返り討ちにはしたものの、ラファエルの決死の一撃が邪剣の中核たる眼を貫き、邪気が急速に弱まる。そして正気を取り戻したジークフリートの目の前にソウルキャリバーが現れ、霊剣によって邪剣の中心は穿たれた。そして、互いを抑え込む膠着状態となったまま、二振りの剣は眠りにつくのであった。

ソウルキャリバーⅢ

ソウルキャリバーによって穿たれた瞬間、ソウルエッジの意思は悪しき炎となって、ジークフリートが脱ぎ捨てたかつての鎧に取り付いた。
そこへ現れたザサラメールの手により、邪剣の意思はナイトメアとして復活を遂げる。そして、時を同じくして復活した霊剣を携えたジークフリートが現れ、邪剣を携えたナイトメアと再び対峙する。最初の一合によって生まれた凄まじい衝撃と共に決戦の舞台は姿を変え、混乱が収まった時には両者はそれぞれの剣と共に姿を消してしまった。

ソウルキャリバーⅣ

全ての破片が集まったことで遂に完全体となったソウルエッジ。
それを手に入れたナイトメアはソウルキャリバーの正当な所有者となったジークフリートと激突し、最後には倒されたが……

ソウルキャリバーⅤ

最初はデュマ伯を宿主としていたが、中盤で新たな宿主を手に入れた。

ソウルキャリバーレジェンズでは

イヴィルスパームを引き起こす点は同じだが、ジークはナイトメアに変貌していない。
最初は不完全な状態である「ソウルエッジα」だったが、4つの破片を集めたことで完全体「ソウルエッジΩ」として復活を遂げた。
物語の終盤で自分の過去の過ちに気づいたジークによって古都の大聖堂で力を封印された。

しかし…

外部出演

怪獣バスターズ』、『怪獣バスターズPOWERED』

(バンダイナムコつながりで)、ソウルエッジの作成が可能になっている。※装備しても正気を失ったりはしないのでご安心を。
パスワード入力でレシピが解放されるが、素材にギラ・ファングが含まれており、実際に作成できるようになるのはシナリオも終盤になってから。
その頃にはより強力な武器も作成できるようになっており、同じく暗黒属性のブレードであるドラゴンウォーリアーの方が性能は上。『ソウルシリーズに思い入れがある人』用の装備である。

ナムコクロスカプコン

多数のナムコ作品同士のみならずカプコンの多数の人気作品ともコラボしたお祭り系SRPGである本作にも、『ソウルエッジ』および『ソウルキャリバー』枠から参戦。
その悪意すらある魔性と時空をも超える強大な力から、原典の時点からそれを追い求めている御剣平四郎のみならず、シャドルーなどの各世界の悪の組織にも目をつけられ争奪戦の対象となり、ソウルエッジ自身も様々な世界や時空を神出鬼没に渡り歩き災厄や騒動を振りまき続け、時に主人公らのチームやそこに居合わせた敵対勢力すら巻き込んで「ゆらぎ」と呼ばれる時空変動を頻発させ、異なる時空や世界に飛ばしてしまったり…と、作中を通して「マクガフィンにして迷惑なトラブルメーカー」であり続けた。

関連タグ

ソウルシリーズ ソウルエッジ 霊剣ソウルキャリバー ナイトメア(ソウルキャリバー)

叢雲牙…似たような魔剣。

関連記事

親記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「邪剣ソウルエッジ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 24654

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました