ピクシブ百科事典

ソウルキャリバーⅥ

そうるきゃりばーしっくす

ソウルキャリバーⅥ(Soul Calibur Ⅵ)とは、バンダイナムコエンターテイメントの3D武器格闘アクション。 プラットフォームはPS4、XboxOne、PC(なおXboxOne版は日本ではダウンロード専売)。
目次[非表示]

概要

ソウルキャリバー20周年記念作品。

前作を最後に続編の音沙汰が無く、ソーシャルゲームやパチスロといった外伝的な展開が多かったが、2018年現在のプラットフォームにおいて3D武器格闘ゲームが一つも世に出ていない状況があり、加えて上記のようにシリーズが20周年を迎えることもきっかけとなって、制作が決まったという。

本作は「リブート」がコンセプトテーマなのでVの続編ではなく、世界観が『ソウルエッジ』の時代にリセット・再構成された内容となり、イヴィルスパームや真行山臨勝寺の事件などの、シリーズの世界観に関わる根幹の出来事を再体験できる他、上中下段関係なくガードし反撃に転じる「リバーサルエッジ」など、初心者やかつてのシリーズ経験者にも楽しめる内容になった。
グラフィック面でも鉄拳7と同じアンリアルエンジン4を使い、『ソウルキャリバー』を意識した陰影表現を目指している。

オフラインプレイ

ソウルクロニクル

今作におけるシングルオフラインプレイ専用のストーリーモード。
本能寺の変の翌年である1583年から、豊臣秀吉が天下を統一した1590年までに起きたソウルエッジ・ソウルキャリバー絡みの出来事を、キリクの旅を中心にキャラクターを切り替えながら時系列を埋めて完成させていくという、今までにないアプローチで試みられる。
イメージ的には『エッジ』から『4』までのストーリーを一本のソフトで楽しめる感じに近く、前作とは違い、操作キャラクター全てのパートが存在する。
こういった仕様のためか、公式サイトでは各キャラクターの年齢表記が無くなっている。

バトルによっては制約や条件が付けられているので、オンラインプレイとはまた違った遊びができる他、外伝作品の『レジェンズ』のような2Dイラストパートと3Dムービーが交互に混在した形式で物語が進行する。

Libra of Soul(リブラ・オブ・ソウル)

剣と魂の物語には刻まれなかったもう一つのストーリー。
『3』のロストクロニクルズや『BD』のガントレットモードのように、キャラクタークリエイションで作成したキャラクターを主人公にし、各キャラクターの出会いを経ながら世界中を駆け回る。

キャラクター

現在判明しているもののみ記載。

御剣平四郎
ソフィーティア・アレクサンドル
ナイトメア
ジークフリート・シュタウフェン
柴香華
キリク
真喜志
グロー(本作初登場)
アイヴィー
タキ
吉光
ザサラメール
タリム
ヴォルド
アスタロス
成美那
アズウェル(本作初登場)
セルバンテス・デ・レオン
ラファエル・ソレル

ゲストキャラクター

ゲラルト(『ウィッチャー』シリーズ)

DLCキャラクター

ティラ

関連タグ

ソウルキャリバー
ソウルキャリバーV = 前作

pixivに投稿された作品 pixivで「ソウルキャリバーⅥ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16721

コメント