ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

バンナム商法

ばんなむしょうほう

バンナム商法はバンダイナムコゲームス(現在のバンダイナムコエンターテインメント)が行うとことんユーザーの懐から絞り出す商法。

もしかしなくても真の仲間(テイルズオブゼスティリア炎上騒動)



概要

この商法は具体的には以下の通り。簡単に記述すると未完成な商品を発売し、DLC完全版等、さらにユーザーに出費を負わせる商法である。

主に『THEiDOLM@STER』や『テイルズオブシリーズ』が顕著であるといわれる。


  • いわゆるDLC商法。ダウンロードコンテンツを大量に用意する。
    • 通常この種のものは「ゲームに特に関係のないところ、例えばキャラクター衣装など」を追加要素とするのだが、この会社の場合「その種類が多く」、「ゲームの一部までDLC」の場合がある、とまるで基本無料をうたっているソーシャルゲームのような点である。
    • ダウンロードコンテンツ全購入前提の難易度設定でDLC無では難しすぎてほぼクリアできないゲームバランス。(『仮面ライダーサモンライド!』等)
    • フルプライスゲームなのにソーシャルゲームのように連続プレーに制限がありゲームを続けてプレーしたければ課金しなくてはいけない。(『ジョジョの奇妙な冒険オールスターバトル』等)
    • ダウンロードコンテンツを使わないとゲーム内容が薄い、場合によっては有料体験版のようなソフトを出し、購入したユーザーに対しさらに出費を迫る場合もある。
    • 場合によってはアイマス商法と呼ばれることもあるとか。

  • 完全版商法、ある機種で発売してしばらくたったのち、完全版と称し、追加要素やグラフィック強化といった各種機能を搭載した新しいバージョンを発売する。
    • これはDLCでは対応できず、最初のバージョンを購入したユーザーがバカを見ることになる。
    • また発売当初「その機種でしか出しませんよ」と公言するにもかかわらず、早期に移植されさらに元の作品よりも完成度が上がっているものが発売されることがある。→二枚舌

  • ちなみにアーケードレースゲーム「湾岸ミッドナイトマキシマムチューン」に至ってはアーケードゲームであるにもかかわらずチューニングに必要なストーリーモードは全100話(ただしフルチューンに要するのに80話。ちなみに4~5DX+は全60話、2・3は全80話、1は全20話(フルチューンに要するのは2周目)だった)、ドレスアップパーツやメーター、隠しレースBGMが多く存在し、しかも車種別による管理のため(ちなみに5~5DX+までに存在したマキシショップは5稼働初期はカード1枚で管理していたがアップデートで車種別による管理になった(マキシGはカード1枚による管理はそのまま))、「貢ぎゲー」を呼ばれている事態に。しかもイベントで入手できた車(店舗大会で参加証としてもらえたミニクーパークロスオーバー)・アイテム(例として湾岸マキシ2引継ぎ特典のレース用タコメーター)も再入手可能な機会も復刻がない限りない(なお、6RR+でこれまで過去のイベントや引継ぎ特典でしか入手できなかった車(S2000レパードGRスープラなど)が最初から使用可能になり、ようやく称号が引き継がれるようになる予定)。

ただし、これらのやり方については、単にバンダイナムコゲームス( バンナム )がこの商法を率先して用いるためこう呼ばれるだけであり、他にも似たようなことをしているメーカーソーシャルゲームをはじめ複数存在するため、この会社だけの特徴というわけでもない。


また、こうした話しを聞いて「このゲーム会社はなんてひどいんだろう」と思うかもしれないが、これでもゲームメーカーや開発会社としてはまだマシなほうであるといわれる( 別の会社だと「未完成商品を売りつけてフォローなし」など、ゲーム業界の一部などは魑魅魍魎が跋扈するだのその部門自体が修羅の国状態だのといった恐ろしい状況のところもまだ存在しているといわれるところである )。


関連タグ

バンダイナムコ 財団B

バンダイナムコゲームス バンダイナムコエンターテインメント

商法 DLC 曲芸商法

クソゲー:フォロー無しだとこうなる可能性がある

関連記事

親記事

バンダイナムコ ばんだいなむこ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5271

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました