ピクシブ百科事典

アイヴィー

あいゔぃー

アイヴィー(Ivy)はナムコ(現バンダイナムコゲームス)より発売された3D対戦型格闘ゲーム『ソウルキャリバー』シリーズに登場するキャラクター。
目次[非表示]

プロフィール

キャッチコピー「絡みつく孤高の刃」<1> <6> / 「祝福なき血統」<3・4>
出身イングランド王国/ロンドン
身長179㎝
体重58kg
生年月日12月10日
血液型不明
武器蛇腹剣「バレンタイン(アイヴィーブレード)」
流派アンリレイトリンク
家族構成育ての両親とは死別。実の父親はセルバンテス 母親は既に死亡してる
声優冬馬由美(とうま ゆみ)<1・2・3> / 東條加那子(とうじょう かなこ)<L・4>/沢城みゆき<5・6>


概要

ソウルキャリバーから登場したキャラクター。
アイヴィーは通称であり、本名はイザベラ・バレンタイン(Isabella Valentine)。
伸縮・分離自在の蛇腹剣を操り、遠距離戦を得意とする上級者向け。
シリーズ作品ごとにキャラ性質・仕様の変化が激しいが、
「非常にコマンド入力が難しい代わりに絶大な威力を誇る投げ技」が戦術の核となる点は一貫している。
6では遠距離からの投げ技が追加されるとのこと。

略歴

ソウルキャリバー
イングランド貴族の名門バレンタイン家の養女として育つ。
養父バレンタイン伯爵が「不老不死の鍵」であるソウルエッジの研究に没頭しすぎた結果、多大な散財によってバレンタイン家は没落してしまった。
アイヴィーはソウルエッジを調べていく過程で、その正体が「魂を食らう邪剣」であることを知り養父の無念を晴らすべく、錬金術で機械仕掛けの蛇腹剣を造り上げ、最後には怪しげな儀式で異形の巨大な手を呼び出し剣に生命を吹き込んでもらい「アイヴィーブレード」として完成させた。

そして邪剣破壊の旅に出たが、旅の途中でアイヴィーブレードの製造過程で、儀式で召喚して恩のあったナイトメアに出会い、事の真相を知らずにナイトメアの率いる組織「シュヴァルツ・シュトローム(黒い嵐)」に加入、「デキスター・パーピュア(幸運の紫)」としてプロパガンダを始めとした様々な悪事に協力させられてしまう。

ソウルキャリバーⅡ
前回の旅で、ナイトメアこそがソウルエッジの持ち主であること、アイヴィーブレードはナイトメアが邪剣の力で生命を吹き込んで誕生したこと、更には自分の実父がソウルエッジの前所有者の大海賊セルバンテスであったことを知る。
旅の果てに残されたのは、己が呪われた血統に生まれた存在であるという真実による落胆と絶望であった。
生家のヴァレンタイン邸の錬金室に引き篭もり、数ヶ月にわたる長考の後、「邪剣破壊」から「邪剣に関わる全ての完全なる根絶」を新たな目標として改めて旅に出る。
愛剣の銘を「バレンタイン」と改め、再びソウルエッジを追うのだが……。

ソウルキャリバーⅢ
旅の途中で愛剣バレンタインに異常を感じ、故郷に一旦帰ることとなる。
そこでまた資料を調べていたところ「霊剣ソウルキャリバー」に関する古文書を発見する。
そんな研究の日々を送っていたアイヴィーの元に、突如大鎌を構えた男ザサラメールが襲撃をかけてきた。アイヴィーは死闘の末に転倒させられ、古文書を奪われ燃やされてしまう。
その男は去り際に「大剣の男を追え」という言葉を残していった。その言葉の真実を確かめるべく、行動するのであった。

ソウルキャリバーⅣ
前回の旅の最中で、自らは霊剣を操ることが出来ないことをアイヴィーは知った。
そこで霊剣を扱うことが出来るモノを創造するため研究を続ける彼女だったが、そこにセルバンテスが襲来してきた。
研究室は無残に破壊され、アイヴィーは彼に魂の大部分を喰われてしまう。
錬金術によって精製した人工の魂でかろうじて命を繋ぐが、彼女に残された時間は少なかった。
生命ある内に邪剣を破壊するべく、アイヴィーは急ぐ。

ソウルキャリバーV
前回の旅で父セルバンテスを斬ったことで愛剣バレンタインは、彼の体に溜め込まれていた無数の魂を吸い上げ、アイヴィーの魂の器を満たした。この事でいつ尽きるかもしれなかった彼女の寿命問題は解決され、おまけに彼女の肉体はこの時から32歳のまま年を取らなくなった。
故郷を離れそこから17年間プラハで、異世界に関する研究を重ねる。
アストラルカオスと名づけた異世界との流れを完全に断つために動く。

人物

戦っている時の台詞などが高圧的で、見た目が如何にも悪の女幹部の様な格好をしていることから、悪者のようなイメージを持たれることも多いが、アイヴィー自体は悪人でなく、当初の旅の目的が両親の人生を狂わせた邪剣の破壊であることからむしろ善人と言っていい。実の親であるセルバンテスに育てられず、名門貴族であるバレンタイン夫妻に拾われて愛情を受け育てられた事が彼女の人格形成に多大な影響を及ぼしているのだろう。

ソウルキャリバーでは、女の一人旅ということで目を付けてきた(衣装はその為にである)盗賊などは返り討ちにして生命を取っているが、ソウルエッジが邪剣だとも知らずに救国の剣であると勘違いしたまま探し求めている少女のソン・ミナを負かしても生命を取らずに見逃していることから無益な殺生は好まない性格であることが伺える。

剣の製作時にナイトメアの力を借りたという恩義から、デキスター・パーピュア(幸運の紫)としてシュバルツ・シュトローム(黒い嵐)に所属していたがこの時、アイヴィーはナイトメア(ジークフリート)の取っている行動が虐殺であり、そこで吸われた魂を使って彼の父親を蘇らせようとしている事は知らされずに協力させられていた。また、自分が破壊しようとしているソウルエッジが実はナイトメアの所持している剣だとも知らず、ソウルエッジ側からは万が一ナイトメアが討たれた時に寄生するためのスペアボディとして常に近くに置かれていた。

ナイトメアが破壊するべきソウルエッジの所持者だった、アイヴィーブレードは邪剣の力で作られた、そして自分は前代ソウルエッジ所有者のセルバンテスの実娘なので邪剣の血を引いているなどの衝撃的事実が発覚すると流石に精神が堪えたのか、Ⅱのプロローグで数ヶ月自宅の研究室に引き篭もってしまうなど意外と打たれ弱い性格をしている。Ⅲのコマンド入力に失敗したEDでは、邪剣を破壊しようとするも突如現れた自分の幻影に腕を捕まれ無理矢理邪剣を握らされそうになり悲鳴を上げ、最後には邪剣に手をつきながら自分にはこれを破壊するこが出来ないのかと泣いている。

容姿

ショートカット銀髪をしており、豊満な身体つきをしている。
身長は179cmと女性キャラクターの中で最も高く、実は中身がジークフリートの時のナイトメアよりも背が高い。

衣装

シリーズ共通で、1Pコスチュームは体のラインが強調されたを基調とした(3のみ白基調)ボンデージファッションで、左腕には手甲をしている。

アイヴィー
Soul Calibur Ivy


シリーズを重ねるごとに徐々に露出度が上がっていき、『4』では、胸元の布面積がかなり際どいことになっていた。日本版と北米版で1P衣装のバスト部分のデザインが異なっていて、北米版では普通に「大きく胸を開いた」ものであるのに対し、日本版では上のイラストを見れば分かるように下乳まで露出している。

5の新聞広告(1月26日付の日刊スポーツ)に彼女のヒップがアップでダジャレ込みで載っていた。
ちなみに海外の販促ポスターは彼女の5における2P衣装で、大きく開いた胸元がアップで載っていた。

2P衣装では露出度が下がり、ジャケット、シャツ、ズボンを着ていて、貴族の持つ高貴さを彷彿とさせている。


外部出演

PSPソフト クイーンズゲイト スパイラルカオスに出演(イラスト:2号)
Ⅳ名義での参戦だがCVはⅠ~Ⅲまでで演じていた冬馬由美。
ゲームブックも発売されている。

関連タグ

蛇腹剣
ソウルキャリバー ソウルキャリバーⅣ イザベラ・バレンタイン
おっぱい 爆乳 蛇腹剣 ボンテージ
クイーンズゲイト スパイラルカオス

関連イラスト

アイヴィー
アイヴィー
アイヴィーさんじゅうにさいさまに妖しく見つめられつつ迫られたい。
アイヴィーおっぱい
SC4アイヴィー様
アイヴィー
初代ソウルキャリバー IVY 2Pコスチューム
ソウルキャリバー4 ヒルダ

関連記事

親記事

ソウルキャリバー そうるきゃりばー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アイヴィー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3942130

コメント