ピクシブ百科事典

ジークフリート・シュタウフェン

じーくふりーとしゅたうふぇん

ジークフリート・シュタウフェン(Siegfried Schtauffen)はナムコ(現バンダイナムコゲームス)より発売された3D対戦型格闘ゲーム 『ソウルエッジ』及び『ソウルキャリバー』シリーズに登場するキャラクターである。(左のイラストは、『ソウルキャリバーⅢ』での2P衣装)
目次[非表示]

プロフィール

キャッチコピー「幼きダークサイド」(エッジ)「明日なき魂」(1)「贖過の道行き」(3)「断罪の閃光」(4)(BD)
出身地神聖ローマ帝国/オーバーゲッツェンベルク
身長157cm(エッジ)165cm(1)(L)168cm(3)(4)(BD)172cm(5)
体重50kg(1)(2)(3)(L)(4)(BD) 70kg(5)
年齢16歳(エッジ)(L) 19歳(1) 23歳(3)(4)(BD) 40歳(5)
生年月日2月6日
血液型A型
武器銘ツヴァイハンダー「ファウスト」(エッジ)「レクイエム」(1)(3)(5)「ソウルキャリバー」(4)(BD)
流派我流
家族構成母・マーガレット。父・フレデリックは彼自らが殺害している。(エッジ)(1)(3)(L)(4)(BD)父・フレデリックはみずから殺害 母・マーガレットは天寿を全うした 傭兵団『シュヴァルツヴィント』の仲間達(5)
声優檜山修之(ひやま のぶゆき)

  

概要

盗賊団を率いていたが、殺された父の仇を討つために「ソウルエッジ」を追い求める。しかし、それは父を殺したのが自分自身であることからの現実逃避であった。この弱みを突かれて邪剣「ソウルエッジ」に取り憑かれたことで、蒼騎士ナイトメアとして殺戮を繰り返すこととなる。取り憑かれた瞬間に全世界に放たれた邪気が「イヴィルスパーム」と呼ばれる怪奇現象を起こし、人々を苦しめることにもなった。(3)において霊剣を用いて邪剣を封じ、元の姿を取り戻す。その後、過去に犯した過ちを償うべく、ソウルエッジの破壊を決意する。(3)では彼を中心としてストーリーが進行しており、(4)において霊剣ソウルキャリバーの正当な所有者となった。(5)ではソウルキャリバーはその姿を小剣と盾という組み合わせに変えており、ジークフリートは、霊剣の後継者の到来を予感し、その橋渡しが自分の義務であると理解した。また同作では、再生を繰り返すソウルエッジと生涯をかけて戦い続ける覚悟から、傭兵団「シュヴァルツヴィント」を創設し、団長に就いている。そこには少年時代に率いていた盗賊団のかつての団員達も参加しているほか、(4)で打倒ナイトメアの目的を同じくしていたヒルデガルド・フォン・クローネも同行している。

シリーズファンの間では通称、愛称として「ジーク」がある。

容姿

大剣を軽々と振るう戦闘スタイルとは裏腹に小柄な青年であり、美男子。背中まで伸びた金髪が特徴的。(エッジ)の1Pや他シリーズの2Pカラー以降では、短髪であったこともある。
右目の傷は戦いの中でついたものであるだろうが、詳しい経緯はわからない。
衣装は1Pカラーはシリーズを通して騎士のをしっかりと身に着けている。(4)では
彼の体はソウルキャリバーと一体化しており、霊剣の蒼い結晶が鎧を包んでいる。(5)では自身の創設した傭兵団「シュバルツヴィント」のモデルの重厚な鎧を着込み、熟練した彼の威厳を演出している。

ゲーム中での性能

身の丈ほどもある大剣を軽々と、かつ力強く振り回し、相手を寄せ付けない戦いを展開するのが基本。そのリーチは本シリーズのキャラクターの中でもトップクラス。「ベース」「チーフ」「シニスター」「デキスター」とそれぞれ名の付いた4種類もの大剣の構えを持ち、そこから攻撃を出し切る、出し切らない、の選択で相手を翻弄し、攻撃を中断すれば別の構えに移行できるなど、初心者が使いこなすには少々複雑だが、臨機応変の戦いが可能なキャラクターである。

関連イラスト

ジークフリート
ソード SIEGFREIED



関連タグ

ソウルキャリバー ソウルエッジ ナイトメア ヒルデガルド・フォン・クローネ ツヴァイハンダー 金髪 檜山修之

pixivに投稿された作品 pixivで「ジークフリート・シュタウフェン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 54486

コメント