ピクシブ百科事典

エリュシオン(ソウルキャリバー)

えりゅしおん

『ソウルキャリバー』シリーズの登場人物
目次[非表示]

『V』で登場する霊剣ソウルキャリバーの意識体。当時の新しい宿主であるパトロクロス・アレクサンドルの亡き母への想いに合わせて、ソフィーティア・アレクサンドルと同じ顔と声になった。

悪ではない

霊剣ソウルキャリバーの意識体だけに、表向の使命が邪剣ソウルエッジとその眷属を滅ぼす。ここま
では普通の「純粋な正義の剣」だったが…

善・・・でもない

実際には「正義」や「秩序」のもとに全人類が彼女(?)に支配される、いわゆるディストピア的な世界こそが理想だと考えており、その非道さはソウルエッジと変わりなく、目的のためには手段を選ばない(『IV』以降の双剣は同一存在として設定された為。また、「エリュシオン」という名前は、ギリシャ神話の中で、神々に祝福された英雄たちが死後に暮らしていると語られる楽園の名である)。
それ故、使命達成のために宿主を平然と洗脳するわ(パトロ最大の汚名はこいつのせい)、宿主と世界を結晶化するわ、「2週目」パトロを洗脳できないと気付たら異空間で即見捨てるなど・・・・・・非常に危険。
しかもソウルエッジの対抗手段としての役割は事実であり、逆にそのことだけが人々の間で語られてきた上に、ソウルキャリバーの本性を完全に把握した人物その危険性を知っている人物は『V』の物語が始める前に行方不明・・・・・・と、状況はソウルエッジ以上に性質が悪い。

最期は本当の意味に成長されたパトロに倒され、残された霊剣と邪剣も生還したアレクサンドル姉弟の手で破壊された。

ゲーム上の性能

女性流派限定のコピーキャラだが、クリティカルエッジはエリュシオン専用の画面全体攻撃で、ピュラΩの流派になると一部の技がソフィーティア時代モーションになり強化される。

関連タグ

ソウルキャリバー

pixivに投稿された作品 pixivで「エリュシオン(ソウルキャリバー)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11389

コメント