ピクシブ百科事典

ソフィーティア・アレクサンドル

そふぃーてぃああれくさんどる

ソフィーティア・アレクサンドル(Sophitia Alexandra)はナムコ(現バンダイナムコゲームス)より発売された3D対戦型格闘ゲーム 『ソウルエッジ』及び『ソウルキャリバー』シリーズに登場するキャラクターである。ただし、「ソフィーティア」のみでの登録タグ数の方が多い。
目次[非表示]

プロフィール

キャッチコピー愛と哀しみの女神「エッジ」→誓いの再臨「1」「6」→ 守護者の剣光「3」→ 陰りの聖剣「4」
出身地オスマントルコ帝国/アテネ
身長168㎝
体重教えてくれない
生年月日3月12日
血液型B型
武器銘ショートソード「オメガソード」 スモールシールド「オウルシールド」→「エルクシールド」
流派聖アテナ流
家族構成父アタロス、母ニーケ、妹カサンドラ、弟ルキス、夫ロティオン、娘ピュラ、息子パトロクロス
声優根谷美智子(「エッジ」、「1」、「2」、「3」)→中村千絵(「L」、「4」「6」)


概要

本名はソフィーティア・アレクサンドル(Sophitia Alexandra)。実家はギリシャのアテネでパン家をしている。ソウルシリーズで初めてソウルエッジを破壊した重要な人物という事になっている。
年齢は「エッジ」、「L」の時は18歳、「1」で21歳。「2」、「3」、「4」、「BD」で25歳。
シリーズに登場するキャラクターの中でもトップクラスの人気を誇っている(公式人気投票では11位であるが)。人気の理由は外見だけではなく、キャラクター性能がどんな状況にも対応できる万能タイプで、数々の高性能な技を持っているからでシリーズを通して常に上位キャラクター。
高性能な投げ技で見た目のインパクトも強い「ヘブンズアーチ」は一見の価値がある。回し蹴りサマーソルトキックといった足技、いわゆるヒップアタックである「ボトムズアップ」も得意としている。

略歴

ソウルエッジ

ある朝沐浴していると鍛冶神ヘパイストスが現れて「邪剣ソウルエッジ」を破壊するように神託を受け邪剣破壊の旅に出る事になる。
EDで彼女は見事に邪剣を打ち砕くことに成功し、そして元の平和な日常に戻った。

ソウルキャリバー

今作のストーリーでは、ソフィーティアがソウルエッジの一振りであるソウルエッジ(♀)を破壊した際に飛散した欠片で重傷を負いタキに助けられたということになっている。
傷も癒え、ソフィーティアも元の日常の生活に戻ったかに見えたが、再び鍛冶神ヘパイストスの神託によりソウルエッジ(♂)が復活しかけていることを知ることとなる。
婚約者であるロティオンの造った剣と盾を携えて邪剣破壊に旅に出ることとなった。
その後各地で邪剣に汚染された地を癒して回っていたが、いつの間にか邪剣の影響は消え、
故郷に戻った彼女は晴れて婚約者と結ばれた。

ソウルキャリバー2

ソフィーティアはロティオンとの間に女の子と男の子を授かり、家族4人で平和な日常を送っていたがその幸せも長くは続かなかった。
ソフィーティアの身体に残留していた邪気の影響で、子供達も既に生まれたときから邪気に犯された血が流れており、子供たちがソウルエッジ(♂)の破片を我先に手に入れようと凶暴化する様を目撃してしまい、母親となったソフィーティアは声なき悲鳴をあげて崩折れた。
妹のカサンドラはそんなソフィーティアの姿に耐えられなくなり、家を飛び出してしまった。
そして、ソフィーティアは決意する。子供たちを邪剣の呪縛から解放し、妹を無事に連れ戻すことを。ソウルエッジでの最初の旅から7年経過した現在、ソフィーティアは以前とは異なる強さを手にしていた。

ソウルキャリバー3

旅の途中緑の装束をした少女に出会い、彼女の話から子供たちに危険が迫っていると感じ、家へと帰った。
家では家族が普段と変わらぬ生活をしているのを見て安心したが、後日自分の進むべき未来を確かめるべく向かった神殿で、例の少女と再会する。
なんとかその場は凌いだが、彼女の守るべき者の為に再び旅装束に着替えるのであった。

ソウルキャリバー4

黒いソフィーティア


子供たちの未来の為に旅をしていた彼女をオストラインスブルクで待っていたのは、
ティラによって愛娘ピュラがさらわれていたという事実であった。
ピュラは邪剣の邪気に冒され、瘴気の中でしか生きられない身体になってしまっていたのだ。
ソウルエッジは目の前にあった。ソフィーティアは邪剣の破壊を試みる。
だが、彼女は知ってしまった。邪剣の消滅が娘の死を意味することを……

ソウルキャリバー5

前日譚の小説『ソウルキャリバー―魂を刃にこめて〈下〉』において娘ピュラを生かすために心臓近くに埋まっていたソウルエッジの欠片を摘出し死亡してしまった。遺体は探しに来たカサンドラと共にアストラルカオスに消えた。
なので「5」は娘のピュラパトロクロスがメインキャラとなっていてソフィーティアは登場しない。
ラスボスのエリュシオンは、ソウルキャリバーがパトロクロスを操るために彼の記憶から母親であるソフィーティアを辿って作った為、ほぼソフィーティアそのままの見た目をしている。

ソウルキャリバー6

今作の時系列はキリクの状態やナイトメアの正体から推測するに「エッジ」や「1」と同時期であるため、ソフィーティアも参戦する。1に近い時系列ということはまだ未婚である。

容姿

金髪のロングヘアーで、旅に出ているときは三つ編み状にしてポニーテールにしている。
青い眼をしている。
非常に恵まれたプロポーションをしている。

衣装

「エッジ」

ソフィーティア


ヘパイストスから授かった防具を着用。EDで使命を果たした後消滅した。

「1」

ソフィーティア / SCⅠ


1p衣装は全シリーズ通して軽装の姿とミニスカート。パンツの色は白。1の時はニーハイブーツを履いている。
スカートは生地がとても軽い素材で出来ており丈も短い為ソフィーティアの動きをほとんど妨げることはない。風やソフィーティアの大胆なアクションによりスカートが翻って頻繁にパンチラしてしまうが、ソフィーティアは特に気にしている様子はない。

「2」、「L」

ソフィーティア


「2」は25歳。「L」は18歳だが衣装は共通の物。
ソフィーティアは結婚して2児の母親になった後も、旅装束はミニスカートを穿き続けている。
2では靴がサンダルブーツになった為、足の露出度が増えた。

「3」

ソウルキャリバーⅢより・二児の母「ソフィーティア」



「4」(無双OROCHI2)

8 月のアートワーク - ソフィーティア・アレクサンドル



「6」

ソフィーティア



代表的な技

エンジェルサテライト
ガーディアンストライク
ボトムズアップ
ガーディアンジャッジメント
ホーリードライバー
ヘブンズアーチ
ホーリークラッカー

関連タグ

ソウルキャリバー カサンドラ・アレクサンドル アレクサンドル姉妹
ミニスカート 白パンツ パンチラ 人妻 
無双OROCHI2Ultimateにてプレイアブルキャラクターとして参戦。
表記ゆれ:ソフィーティア

関連記事

親記事

ソウルエッジ そうるえっじ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ソフィーティア・アレクサンドル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3118370

コメント