ピクシブ百科事典

ソウルエッジ

そうるえっじ

『ソウルエッジ』(Soul Edge)とは、ナムコ(現バンダイナムコゲームス)より 発売された3D対戦型格闘ゲーム。及びこの作品中に登場する重要なアイテムの名称。
目次[非表示]

概要

1996年にアーケードゲームに登場し、後に『ソウルキャリバー』シリーズとして今尚
続いている人気格闘ゲームである。また本作と『ソウルキャリバー』シリーズをひとまとめ
にして『ソウル』シリーズと呼ぶこともある。登場する人物たちはそれぞれ武器を使用し、
伝説の剣ソウルエッジを巡って戦うこととなる。

ゲームシステム

キャラクターの基本操作として、4ボタンにそれぞれ縦斬り・横斬り・蹴りとガードする
ボタンが当てられている。そして本作では、画面手前や奥に移動する「軸移動」が重要と
なってくる。戦い方の基本として、
・縦斬りは強力な技が振り分けられているが軸移動に弱い。
・軸移動は縦斬りを簡単に回避することが出来るが、横斬りに捕まってしまう。
・横斬りは攻撃範囲が広く軸移動を潰すことが出来るが、縦斬りとかち合うと競り負けてしまう。
といった3すくみの優劣が存在する。
また後のシリーズには継承されなかった本作独自のシステムに「武器ゲージ」がある。攻撃をガードすると
ゲージが表示され、そのゲージが無くなると武器が弾け飛び、素手で戦うことになる。
さらにゲージを消費して、強力な「クリティカルエッジ」を繰り出すという読み合いも発生する。

邪剣ソウルエッジ

本作に登場し、後のソウルキャリバーシリーズにも大きく影響を与えるアイテムである。
二本一対の剣であり、最初は伝説の剣として使用者に強大な力を与えるものだと噂されていた。
しかし、その正体は伝説の剣どころか使用者やその周辺の人物の魂を吸う禍禍しい魔剣であった。

登場するキャラクター


関連タグ

格ゲー レトロゲーム アーケードゲーム プレイステーション ナムコ バンダイナムコゲームス

関連記事

親記事

ソウルシリーズ そうるしりーず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ソウルエッジ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 371795

コメント