ピクシブ百科事典

ソウルキャリバーV

そうるきゃりばーふぁいぶ

バンダイナムコゲームスより2012年に発売された格闘ゲーム。
目次[非表示]

概要

バンダイナムコゲームスより2012年に発売された格闘ゲーム。
ナンバリングは「5」だが、1作目である「ソウルエッジ」やスピンオフ作品である「ソウルキャリバーBroken Destiny」などを含めると、「ソウル」シリーズの第8作目となる。

前作「ソウルキャリバーⅣ」から17年の時間が経った世界が舞台であり、主人公は前作まで登場していたソフィーティアの息子であるパトロクロス・アレクサンドル
「新規のファンを獲得するため」ということで複雑なコマンド入力を簡略化し、「クリティカルゲージ」と呼ばれるゲージが導入。ゲージを消費することで一発逆転も狙える超必殺技「クリティカルエッジ」(ソウルエッジにもあるが完全に別物)と特定の技を強化する「ブレイブエッジ」を使用するシステムとなった。
また、前作ではタイムラグがあまりにも酷く、まともにプレイすることすら困難だったオンライン対戦が、改善された上にかなり充実した環境となっており、評価が高い。

そう。オンライン対戦ならば。

評価

前述のように、オンライン対戦での評価は高いが、オフラインを主とするシングルプレイヤーからの評価は芳しくない。

前評判の段階から、世代交代、時間の流れを理由に、前作までの人気キャラクターが登場しない。タキカサンドラなどは行方不明、ソフィーティアにいたっては死亡ということが明らかとなり、物議を呼んでいたのだが、いざ発売されると、

  • ストーリーモードが簡略化され、パトロクロス+αを操作し、20ステージをプレイする仕様。これまでのシリーズのような、各キャラ毎の個別ストーリーが削除されてしまい、映像も絵コンテのラフ絵にカメラワークをつけたようなムービーが大半を占め、外伝の『ソウルキャリバーレジェンズ』の2Dムービーの方がはるかに質がいい。ただしこれは、本作の開発期間が短く、そのほとんどを対戦の調整に使われたのが要因と考えられる。

  • シリーズ恒例のキャラクタークリエイションのシステムに粗があり、重ね着をすると着膨れしたり、下着(例:ふんどし)が内側からズボンを突き破る。PSPで発売された『Broken Destiny』ですら、体格こそいじれないもののそれなりに調整されていたのだが・・・。

  • Ⅲの「ロストクロニクルズ」やⅣにおける「塔」といったオフラインシングルプレーヤー向けのやりこみモードとして、歴代ボスキャラクターと対戦する「レジェンダリー」と、240名のCPUキャラと対戦して称号を得てゆく「クイックバトル」の2つが用意されている。しかし内容はただひたすら対戦していくだけ。

  • 各キャラクターの武器が使える、いわゆる木人キャラが三人もいる。一人はストーリーモードではアテナ流を使っていたはずのエリュシオン(女性流派限定)であり、二人目はストーリーモードでは1カットのみ登場するだけで対戦することがないエッジマスター(全キャラククターの流派を使用)、そして、名前しか登場していなかったキリク(男性流派限定)である。

  • ヴィオラツヴァイの新キャラクターとして加え、アルゴルも今作で再登場し、剣劇格闘ゲームなのにも関わらず、魔法をメインに使うキャラクターが合計三人も追加。過去作にも魔法を使ったり、技に魔法が含まれるキャラクターは存在するが、隠し、もしくはゲストキャラクターであったり、あくまでも剣の攻撃を主体に留めている。

  • 今作ではなぜかザサラメールが登場しない。設定上何世紀も生きている人物であり、前作の個別エンディングでは21世紀(現代)でも健在であるので、Vの時代に関わっていないことへの疑問は当然と言える。彼こそ初心者に扱いやすいキャラクターであったため、愛用者からの落胆の声も聞かれた。

  • 17年後の世界という事もあり、ロックの養子バングーが登場するかと思われていたが参戦せず、『ソウルキャリバー』のロックのエンディングで、逞しい青年の姿での登場を古くからのファンは期待していたが、結局叶わなかった。なおロック本人も今作では登場しない為、彼の愛用者からも不満の声が上がっている。

  • 女性キャラクターとして人気が高かったソン・ミナタリムユンスンも登場せず、キリク柴香華のように後継キャラクターがいないどころか、17年経ってその後どうなったかも一切不明の扱いになっている。ソン・ミナについては一応キャラクタークリエイションで『1』の衣装がDLC配信されたが、救済処置には至っていない。



・・・など、オンライン対戦の環境や、操作の調整に振り幅を大きくしてしまった分、細かい要素やオフライン・シングルプレイでの粗や配慮不足がより一層際立ってしまった。
発売前に新聞の一面広告でアイヴィーの臀部のアップ画像と共に「『シリ』-ズ最高傑作」と自ら謳っていたが、それに応えているとはお世辞にも言い難い結果となり、その後20周年を迎えてもソーシャルゲームやパチスロ化などの展開が中心だったため、今後のナンバリングシリーズの発売は絶望的に思われた。

が、2018年。長い沈黙を経て続編が発表された。

関連タグ

ソウルキャリバー ソウルエッジ
ソウルキャリバーⅣ = 前作
ソウルキャリバーⅥ = 続編

pixivに投稿された作品 pixivで「ソウルキャリバーV」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 51977

コメント