ピクシブ百科事典

ソウルキャリバーV

そうるきゃりばーふぁいぶ

バンダイナムコゲームスより2012年に発売された格闘ゲーム。
目次[非表示]

「『シリ』-ズ最高傑作」

概要

バンダイナムコゲームスより2012年に発売された格闘ゲーム。
ナンバリングは「5」だが、1作目である「ソウルエッジ」やスピンオフ作品である「ソウルキャリバーBroken Destiny」などを含めると、「ソウル」シリーズの第8作目となる。
前作「ソウルキャリバーⅣ」から17年の時間が経った世界が舞台であり、主人公は前作まで登場していたソフィーティアの息子であるパトロクロス・アレクサンドル
「新規のファンを獲得するため」ということで複雑なコマンド入力を簡略化し、「クリティカルゲージ」と呼ばれるゲージが導入。ゲージを消費することで一発逆転も狙える超必殺技「クリティカルエッジ」と特定の技を強化する「ブレイブエッジ」を使用するシステムとなった。
また、前作ではタイムラグがあまりにも酷く、まともにプレイすることすら困難だったオンライン対戦が、改善された上にかなり充実した環境となっており、評価が高い。

そう。オンラインならば。

評価

前述のように、オンライン対戦での評価は高い。が・・・・・・オフラインを主とするシングルプレイヤーからは非難の嵐となった。
発売前より、世代交代を理由に、

0. 前作までの人気キャラクターが登場しない。タキカサンドラなどは行方不明、ソフィーティアにいたっては死亡という待遇。

ということが明らかとなり、物議を呼んでいたのだがそれ以上に、

1. ストーリーモードはパトロクロス+αを操作し、20ステージをプレイする仕様となり、各キャラ毎にストーリーの用意されている、どの格闘ゲームであっても当たり前の形式ではなくなっている。

2. いわゆる木人キャラが無意味に三人もいる。一人はストーリーモードでは登場しないキリクであり、ストーリーモードではアテナ流を使っていたエリュシオンも、操作する場合は何故か女性流派限定の木人キャラとなる。

3. それに加えて、前作でも不評だったアルゴルの再登場。ついでにヴィオラツヴァイといった、アルゴルと同様の魔法使いキャラの追加。

4.アイオーン(リザードマン)の流儀が斧+剣から、斧×2に変更。これは「ソウルキャリバーBroken Destiny」のゲストキャラであったクレイトス(「ゴッドオブウォー」)の流儀を流用したものだと指摘されている。

5. キャラクタークリエイションのシステムが雑で、重ね着をすると着膨れしたり、下着(例:ふんどし)が内側からズボンを突き破ったりする。

6. 装備するアイテムによって体力や防御力などのステータス値が変動する仕様を廃止。

7. Ⅲの「ロストクロニクルズ」やⅣにおける「塔」といったシングルプレーヤー向けのモードとして、歴代ボスキャラクターと対戦する「レジェンダリー」と、240名のCPUキャラと対戦して称号を得てゆく「クイックバトル」の2つが用意されているが、ただひたすら対戦していくだけの代物でやりこみ度が皆無。

etc・・・と、その代償は取り返しがつかないほど大きかった。
発売前に新聞の一面広告で、アイヴィーの臀部のアップ画像と共に「『シリ』-ズ最高傑作」と自ら謳ったゲームの出来栄えが、これである。



関連タグ

ソウルキャリバー ソウルエッジ

pixivに投稿された作品 pixivで「ソウルキャリバーV」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18394

コメント