ピクシブ百科事典

山野浩一

やまのこういち

『バビル2世』の主人公、バビル2世の本名。
目次[非表示]

概要

この名前は原作漫画における名前であり、アニメでは昭和版において「古見浩一」、平成版では「神谷浩一」(恐らく古見浩一を演じた声優・神谷明へのリスペクト)に変更されている。

5000年前に地球に漂着した宇宙人「バビル1世」の末裔であり、宿敵ヨミと同じく「もっともその血を深く継ぐ者」である。
勿論、生まれた時は普通の子供として育っていたのだが、中学時代に自分のルーツを知り、3つのしもべの1体ロプロスによって砂の嵐に隠されたバビルの塔へと連れて来られる。そして、バビル1世の遺産と名を継ぎバビル2世となった。
以降は人が変わったかの如く冷静沈着かつ正義感溢れる性格へと変貌を遂げ、世界征服を企むヨミとの戦いに生涯を費やす。

……と書くといかにも「平凡な少年が特異な力を有してしまい、迷いながらも戦い成長していく話」のように思えるが、覚醒後のバビル2世はありえないほど強い超能力者であり、莫大な軍事力と人員を有するヨミとも終始互角どころかヨミの方がだいたい劣勢というチート野郎となっている。
それに加えバビルの塔のコンピューターと3つのしもべが常に守ってくれるのだから、読者の多くはヨミに判官びいきしてしまうことだろう。

しかし、第1部中盤から3つのしもべがヨミの命令にも従うことが判明したために、いざという時にしもべに頼ることがほぼ不可能となった。また、超能力を連続して使用した場合に極度の疲労に陥るという弱点を突かれ追い詰められることも増えた。
このように、いくらバビル2世が最強の超能力者といえどもヨミの策略や組織力の前では無敵とは言えず、それ故に彼も全力で立ち向かっていくことになるのである。

ヨミの手下であれば割と平気で殺害するために冷徹な印象が拭えないが、彼の目的は弱き者や未来ある者を守ることにあり、人々を蹂躙する悪人には断固として立ち向かう正義の人である。覚醒前は普通に感情豊かな少年だったのだが、覚醒後はだんだん表情が乏しくなり、敵を倒した時くらいにしか笑わなくなっていった。
3つのしもべのことも大事にしており、ロプロスが核爆発から身を挺して自分を護った時には深く嘆き悲しんでいた。
最終学歴は中学校中退だが、いつも学ランを着用している。

なお、「山野」という苗字は続編の『その名は101』で明らかになったものだが、『101』の設定は本編と異なる部分が多く、ある種のパラレルワールド展開と言えるものになっている。

能力

バビル2世は超能力のデパートと言えるほど多彩な能力を使いこなす劇中最強の超能力者である。
箇条書きにすると

  • 相手の思考を読み取るテレパシー
  • 念力で物体を動かすテレキネシス
  • 体から高熱の炎を発するパイロキネシス
  • 事前に危険を察知する第六感
  • 顔面の筋肉を自在に動かして人相を真似る変装能力
  • ビルを飛び越え、鎖を握り潰し、コンクリートの壁をぶち破るほどの怪力
  • 目を合わせた相手を操る催眠術
  • 超高速の物体を見据えられる超動体視力
  • あらゆる物体を見透かせる透視能力
  • 瀕死の重傷を負っても一晩休めば回復してしまうほどの再生能力
  • 自分のエネルギーを相手に直接叩き付けるエネルギー衝撃波
  • 敵のエネルギー衝撃波を自分のエネルギーにしてしまうエネルギー吸収能力

たった1人でこれだけの能力が使えるのである。これに彼自身の優れた戦術立案力や冷静沈着な判断力、図太い神経と凄まじい闘志が合わさった結果、宿敵ヨミから「怪物」と恐れられる存在となったのであった。

関連項目

バビル2世 その名は101
ロプロス ロデム ポセイドン
ビッグ・ファイア

pixivに投稿された作品 pixivで「山野浩一」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 157

コメント