ピクシブ百科事典

ロプロス

ろぷろす

ロプロスとは、『バビル2世』のロボット。

概要

山野浩一(バビル2世)の扱う「三つのしもべ」の一人である巨大怪鳥ロボット
超音速で空を飛び、超音波ロケット弾での攻撃手段も保持し、バベルの塔と連携し映像を解析するなどの諜報手段も持ち合わせている。
主に移動手段として使われたが戦闘も度々行った。
全身は極めて頑健で、高射砲ミサイルを山ほど喰らっても表皮がハゲただけでちっとも通用していない。
常に浩一の命令に従うが、ヨミに操られたことも何度かある。

終盤にてヨミ一味の発射した水爆ミサイルから浩一を護るため、自ら犠牲になり核爆発の中に散っていった。
アニメでは最終回まで生き残っている。

ロプロスがどのように命名されたは不明だが、ファンの間ではマックス・エルンストのコラージュ絵物語「百頭女」に登場する「鳥の王ロプロプ」が元ではないかと予想されている。

関連タグ

バビル2世
 巨大ロボット 
ポセイドン ロデム

pixivに投稿された作品 pixivで「ロプロス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1571

コメント