ピクシブ百科事典

ヒョウモンガメ

ひょうもんがめ

ヒョウモンガメとは、爬虫綱カメ目リクガメ科ヒョウモンガメ属(もしくはヤブガメ属)に分類されるリクガメメの一種。
目次[非表示]

概要

ヒョウモンガメとは、爬虫綱カメ目リクガメ科ヒョウモンガメ属(もしくはヤブガメ属)に分類されるリクガメの一種。

英名

Stigmochelys pardalis

分布

アンゴラ南西部、ウガンダ、エチオピア南部、ケニア、ザンビア東部、ジブチ、ジンバブエ、スーダン南部、スワジランド、ソマリア、タンザニア、ナミビア、ボツワナ、マラウイ、南アフリカ共和国、モザンビーク南部、レソト

形態

野生下で70センチ以上に成長する大型種。
ただし飼育下ではそれほど大型化せずペットで主流のパブコックではオス30センチ前後・メス40センチ程度で成長が止まるとされ、メスでも最大50センチと言われている。
見た目はインドホシガメ・ビルマホシガメに類似しているがDNA解析でヤブガメと同属、ソリガメ属やヒラセリクガメ属に近縁とされている。
亜種は無効とされているがペットとして流通するものは以下の3種(4種)ある。

分類名称飼育下♂サイズ飼育下♀サイズ野生での最大サイズ備考
パブコックヒョウモンガメ30センチ前後40センチ程度最大で50センチ70センチヒョウモンガメの中で体の小さい地域個体群・亜種分類無効。モザイク模様は粗い
ドワーフヒョウモンガメ~30~30不明・流通の歴史が浅く最大サイズがはっきりしない。パブコックの中でさらに小さい個体群と思われる。成長スピードはパブコックの半分程度。腹甲は黒い模様がほとんどなく白い。頭部のうろこがごつごつしていない。つるんとしている。
ソマリアリクガメ(ソマリアヒョウモンガメ)~70~7070センチ亜種分類無効パブコックより白い。モザイク模様は細かい。パブコックより頑強とされる。
ナミビアヒョウモンガメ~70~7070センチ亜種分類無効。モザイク模様は細かい。ほとんど流通していない。


生態

草原・サバンナなどに生息する。
草食性。

飼育方法

飼育下でも30センチ以上に成長する大型のカメなので安易に飼育できない。
幼体の間は60~90センチの水槽で問題ない。
大きくなったら水槽や室内用のケージなどでは狭く 庭・温室もしくは一部屋開放し放し飼いすることになる。

 安価で流通するWC個体はお腹に大量の寄生虫を抱えており環境の変化で拒食しやすい。
飼い初めに合成フードを食べるようであれば駆虫薬を練りこんで与え駆虫すると良い。
非常に臆病でストレスに弱いカメなので大きな音をたてたり 他のカメと一緒にするなどは避ける。

自然下では乾季・低温期に活動を止め休眠するので 乾燥しすぎないように小皿に飲み水を常備する。

関連記事

親記事

リクガメ りくがめ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ヒョウモンガメ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 57

コメント