ピクシブ百科事典

モウコノウマ

もうこのうま

モウコノウマ(蒙古野馬)とはユーラシア大陸の草原で暮らす馬である。
目次[非表示]

概要

小麦色、薄茶色の体毛を持ち、たてがみや尾は墨色、黒色をしている。長らく野生下で生き延びてきており(後述)、体格は農耕馬のようにガッシリしている。

かつてモンゴルなどアジア中心地域に広く棲息していたが、飼育下をのぞき一度絶滅している。
レッドリストにおいては絶滅危惧 (EN)とされ、現在、野生に帰す試みがなされている。

野生化した家畜馬

シマウマノロバと共に野生のウマ科生物として知られ、ロバシマウマと別系統に進化した「」のうちでは唯一のものとされていた。
しかし、カザフスタンのボタイ文明の5500年前の遺跡から発見された馬の骨などを遺伝子調査した結果、モウコノウマの先祖であることが判明する。
つまり、モウコノウマは野生馬ではなく、古代に野生化した家畜馬だったのである。

これに伴い、馬の家畜化についての推察もスタートラインに引き戻される事になった。

関連タグ

モウコノウマ(けものフレンズ)

pixivに投稿された作品 pixivで「モウコノウマ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 65

コメント